江戸時代の鎖国はすごかった。江戸幕府がもたらした数々の恩恵!!!

鎖国といえば、貿易を制限し、交流を減らし、島に引きこもっていたため、技術が遅れ、西欧列強の文明開化に乗り遅れたというネガティブイメージがあります。しかしながら、鎖国のような通商を制限する政策は、戦争の引き金になりやすく、江戸幕府の軍事力が高かったが故に実行することができた政策です。軍事力の足りなかったアジアの島々は全部西欧植民地になってしまいましたからね。アジアで残っていたのは中国と、日本、そしてタイぐらいでありました。

そんな中、なんとか西欧諸国の支配を免れながら、島に引きこもっている間、欧米諸国の影響を受けず、独自の文化を発展させることができました。今回はそんな、鎖国による恩恵、鎖国はすごかったことを中心に見て行きたいと思います!

当初、江戸幕府の軍事力は強大だった。

戦国時代を終わらせた秀吉は明を攻め込みました、秀吉が生きていれば勝てたと言われるぐらい優勢でした。逆を言えば、明を攻めるだけの軍事力があったことに他なりません。そして明、すなわち中国というと、今だとどうしても発展の遅れたイメージがありますが、歴史的に見ても、世界最大の人口を有し、GDPトップの国でありました。

関連記事 過去2000年間の世界GDPランキングを見るとアジア勢の力が半端ないというお話

海外と貿易していたのは4ヶ所のみであった。

鎖国といっても完全な封鎖をしていたわけではありません。西欧諸国の情報を仕入れるためにオランダとの貿易はずっと行なっていましたし、中国や琉球、韓国、アイヌとの貿易も常に行われていました。

イエスズ会を追い出し植民化を免れた

カトリックイエスズ会を追い出し、踏み絵により国内にいるキリシタンも排除しました。非常にネガティブなイメージを持つこの禁教政策ですが、植民化を狙うスペインやポルトガル本国の尖兵でもありました。つまり、まずキリスト教を布教し、信徒を増やし、一定数以上増えたら、一斉蜂起して国家転覆して国家転覆、植民化という意図があったのです。

その危険を察知した江戸幕府がイエスズ会、カトリックを放逐し、貿易を制限したのは必然的な流れだったと言えます。

蒸気機関を用いない最大発展に達し、人口が3000万人に達した

江戸時代、日本は、蒸気機関、すなわち化石燃料を用いない段階で発展できる最終段階に達していました。すなわち人口頭打ちです。そのあと100年ぐらいは、人口が増えることなくずっと停滞していました。発展限界に達するというのは成長の幅がなくなるということで、悪いことづくめのようにも見えますが、発展できなければできないなりに細かいところを工夫するようになるので、日本人が海外の人々より細やかなのはこの江戸時代の恩恵と言えるかもしれません。

関連記事 1721年、化石燃料を使用しない人口限界に達していた日本

長い平和により、独自言語や文化を守り抜くことができた。

長い平和により、独自の文化をより強く強化することができました。植民化された国というのはやはり文化力が弱くなっているというか、、、例えば、カナダやオーストラリアは安定した気候で、外敵も少なく、生活はしやすいんですが、文化的にはイギリスの影響を受けすぎていて奥行きがないんですよね。

薩英戦争で大英帝国に挑んだ薩摩はなんとか引き分けに持ち込んでいる。

世界の25%を制していた当時のイギリス。薩摩は無謀にも戦いをイギリスに戦いを挑みボロボロにされましたが、なんとか引き分けに持ち込んでいます。200年間鎖国していてもなんとか戦うぐらいの戦闘力はあったということで、200年間技術的に止まっていても、軍事的にはそれなりの強さがあったということに他なりません。もちろんイギリスが本気で戦力を投入してきたら勝てるわけないのですが、それはイギリスにもなかなか難しいので。

関連記事:薩英戦争とかいう無謀すぎる戦争wwww


スレまとめ〜

引用元

13: 科学する人 2009/11/13(金) 09:42:12 ID:bqVL82vM
鎖国という表現がおかしいのだお( ^ω^)
幕府の独占貿易と規制、と表現すれば分かりやすいのだお
メリットは大まかに言えば徳川家のみが貿易で収入や技術・文化を得られると言う事だお
そして学問・思想・宗教等を篩にかけて徳川家に対する危険思想を除く事だお( ^ω^)

15: 科学する人 2009/11/14(土) 02:26:42 ID:AY2DXrf2
今、日本固有の文化と言われている物や思想の大半は、
鎖国時代に熟成されたものばかりでは?

17: 科学する人 2009/11/15(日) 00:49:22 ID:tinO4BWF
日本が輸出できる物なんかいくらでもあったさ。
そんで九州大名とかほんとに売れるもんは何でも、それこそ領民まで売っぱらっちまうから、
そういうのを統制するためにも徳川による独占貿易は必用だったわけで、
貿易はします。情報ももらいます。でもあなた方の要求は正式な国交が無いので聞きません。
つう、日本に非常に都合がいい政策であったわけで、
弊害が出たのは江戸幕府後期の動脈硬化で他の面もどうしようもなくなってきた時の話だし。

18: 科学する人 2009/12/06(日) 17:06:01 ID:43pfB0cU
長崎出島を造り、年額銀55貫でオランダ東インド会社に出張所を貸すことにより
幕府の安定財源になった。大奥のお女中の豪華絢爛な着物もここからのお金。
幕府施薬院の医師を常駐させることにより、伝染病の進入を防いだ。
長崎奉行高橋清相著崎陽郡談によると3924坪船着き場42坪を1歩とする
とある。オランダ、アムステルダムへのスタート地。
易の陰陽学から扇の形は陽は商売繁盛を表す末広、陰は伝染病の進入を防ぐ
厄(邪気)よけ。三千世界二十四節気九星人の世の吉凶をあらわす。
嵐で船が沈めば終わり、伝染病でコロッと死ねばこれも終わりということ。
人生何が起きるかわからない。一寸先は闇。

19: 科学する人 2009/12/06(日) 23:00:26 ID:8wxlUUQ3
貿易規制した方がいいよって家光に上申したのはオランダとイギリスなんだけどね。
日本人商人は東インド会社なんかから見たら邪魔でしょうがなかったから

21: 科学する人 2010/05/17(月) 12:01:46 ID:P6eEzaEg
長崎出島をオランダ東インド会社のみに貸すことにより安定したお家賃が入り
為替レートも安定した。30年戦争による戦乱の余波もなく平和な時代を迎えた。
伝染病の進入も防ぎ、アヘンを持ち込む変なヤツも進入できなくした。
まともな人が出島に集い、変なヤツはオミットした。

23: 科学する人 2010/05/17(月) 19:55:08 ID:H0zZC3n8

たしか「鎖国」した後の方が海外との貿易額はそれまでよりずっと大きくなって
いたんじゃなかったっけ。

「徳川幕府が対外貿易を独占した」というだけのことで、海外と接触を絶った
わけじゃないだろう。そりゃまあ日本国民がみんな自由に貿易できたわけじゃ
ないのはいまさら言うまでもないけど。

28: 科学する人 2010/06/20(日) 16:27:13 ID:LJsXy+yA
日本独特の文化が芽生えたりしてよかったよ。

30: 科学する人 2010/06/21(月) 17:46:36 ID:Ay4J/U4O

>>28
日本文化の芽生えは室町時代だ
猿楽、茶道、連歌、おとぎ草子などが日本固有の芸能の源流になってる
これら全て、室町時代に隆盛したものだ

室町時代は各貿易港が活発活動し、流通によって生産余剰が生まれたことで
これらの文化のパトロンとなる人物が現れたこと
さらに南北朝期の動乱において、足利尊氏、足利直冬、北畠顕家といった面々が
南北の軍勢を率いて日本を横断し、掻き混ぜたことも大きい

32: 科学する人 2010/06/22(火) 00:04:17 ID:wGvGqTDU

家康が幕府開いたころはヨーロッパ全盛期なので、
その時期にひきこもってられたのはでかい

200数十年あいつらだけでゴタゴタやって、あいつらの蓄積疲労たまった頃に、
腐敗勢力を打倒した士気高き革新勢力の幹部を首脳とした日本の奮起で棚ボタを得られた

まあ最終的に調子乗ってバカやって国家滅亡の危機に瀕したが、
偶然米ソ対立が根強く、独立も果たせ、結果よければすべてよし

最近またやばくなってきてるけど、今まで幸運が何度も舞い込んできてるので
神風の再来を期待したいところ

34: 科学する人 2010/06/22(火) 14:11:34 ID:dn8EBXrS

よくある誤解が「家康が鎖国を始めた」だが、
本当は全くそんなことはない。
それどころめ家康は大阪の陣に備えて大砲を大量輸入したりしている。

家康がやったことは
単にキリシタンの禁制と貿易船の数を制限したことだけだが、
キリシタンの禁制は別に彼独自ではなく、
貿易船を制限したのは「単に質の高い貿易をしたかった」という事だ。

ただ、家光や幕閣が家康の意思を誤解した可能性はあるが
基本的には島原の乱を恐れた家光らが勝手にやったこと。
なんにせよ、江戸時代の出来事なので完璧、板違いだな。

41: 科学する人 2010/06/24(木) 06:35:41 ID:JxuCqOVQ

基本的に渡来人は文化的だったり特殊な技術を持ったりしてて歓迎された。
なんせ、朝鮮の役の時に大量の陶工を連行し、
彼らに武士としての地位や所領まで与えたくらいだし。
有名なのが伊万里焼の祖の沈寿官がそう。

今みたいにチャンコロやだのチョンコーが邪魔だったみたいな考えはない。
むしろ好ましいものと考えられていた。

44: 科学する人 2010/06/24(木) 16:00:42 ID:35cPqf2P
まあ母国では職人が奴隷扱いだったから
国交正常化したあとも日本に残りたいって言ってたんですけどね>渡来人

66: 科学する人 2010/12/14(火) 16:31:11 ID:wQfpFmr/
鎖国しなければ幕末にあんなに苦労しなかった

69: 科学する人 2010/12/15(水) 20:58:29 ID:+9zyn8SF
もし鎖国してなければ欧州の植民地になっていたのか?
それとも欧州文化を吸収してもっと早く工業国になっていたのかな?

70: 科学する人 2010/12/15(水) 21:07:53 ID:FmDs9eTk
まあ要は産業革命が起こったイギリスに対してもっと早く開国してれば
あんな惨めな戦争なんて起こんなかったんじゃないの? と言いたいんだろう?
実際西洋の歴史なんてキリストから始まる人間中心主義の世界だから自然を
加工物とみなす風潮なんて無い日本には真似は出来ても産業革命は無理だろ。
もう既にイギリスでは1600年代にケイの跳び杼が発明されてるんだぜ?
無駄に戦国時代生きた日本にはまず無理。

85: 科学する人 2010/12/16(木) 12:59:35 ID:2YjG+rla

重農主義、(土地の個人所有を基本とする武士政権の範囲内では)中央集権主義の江戸幕府の
ほぼ反対にあるのが室町幕府~織豊政権だから、
重商主義、地方分権の政体が17世紀以降も続いていたら、
日本人がアジアや新大陸などの各地に進出していたことと、
国内政治が分裂、あるいは短期間での政権交代を繰り返すこととなってそう。

秀吉やその後継者が強力な政権作り、大名統制を進めようと思えば、
結局鎖国側に梶を切るか、信長のように独裁政治を行なうしかないのでは。

89: 科学する人 2010/12/16(木) 15:08:07 ID:zpgAENfp
結局徳川家は幕府を強くするのではなく他を弱める事で体制の維持を図る言わば「貧国弱兵政策」を施いたのだお( ^ω^)
結果、徳川幕府は細々と生き抜く事は成功したけどただそれだけだお┐ (´ω`) ┌
外圧がかかって慌てふためき国防を指示したけど
どこの藩も痩せ細っていて役に立たず、日本全体を巻き込んで200年越しの壮大な自爆を遂げたお( ^ω^)

93: 科学する人 2010/12/16(木) 15:59:40 ID:LkChncfc

>>89
ただそれだけ、というけど、それが究極の目標じゃないのかな。
平和で戦乱のない世を維持する、というのは。
後に産業革命がおきるなんてわからないし、島国なんだから
リスク犯して大航海時代で逆に攻められたり異教が増えておかしくなるよりも
平和な世が一番、というのは肯定的にとらえたいんだよね。

家康はそれを意識していただろうし、単に徳川だけの延命を図ったのでは
ないだろうから、「貧国弱兵」で長く細くやっていこうと。
とりあえず自分の子孫を残す、というのには成功してるわなぁ。

188: 科学する人 2012/04/16(月) 16:48:55.01 ID:AKm90kH4

鎖国のメリットは
付き合う相手を選べること、国に入れるものを規制できることなど沢山あるな。

自由貿易のデメリットはアヘン漬けにされたり疫病バンバン持ってこられたり金銀流出したり、
奴隷として東南アジアで売られたりとこれまた沢山あるな。

鎖国してなきゃ技術が発展したとか言う人は夢みがちです。