鎌倉武士最強すぎる件www世界最強の元寇(蒙古襲来)を沿岸で完封勝利wwww

神風により運良く勝利したとされる元寇。2回とも台風で勝手に蒙古軍が自滅したことになっています。

しかしながら、事実は大きく異なり、運頼みの戦いではなく、勝つべくして勝った、それが元寇でありました。世界最強のモンゴル軍に勝てたのは不思議なところですが、それぐらい鎌倉幕府軍は強かったのです。

今回はそんな、についてまとめてみましたよ。

あまり知られて元寇のポイント

神風により勝利したと呼ばれたのは、元寇を日本の神と異族の争いという観念があり、祈祷による日本の神の力を強めるものと宣伝されたことにある。

第二次世界大戦戦時中、劣勢の中、国民意識を高めるため、教科書では、台風により勝利したという記述が追加され、武士の奮戦については削除されるようになった。

2回目の弘安の役で派遣された元艦隊は世界最大規模の艦隊で、軍船4400艘、14万〜16万の兵力を有していたが、台風で下級兵10万人以上が置き去りにされた。

モンゴル人に不満を募らせた高麗人や南宋人が作った船だったので、手抜きされたという話もあるが、高麗船の方が頑丈であった。

元寇により、中国王朝では、日本脅威論が形成されるようになり、日本征服論を抑える抑止力となった。

世界最強モンゴル軍の快進撃

関連記事

歴史上の帝国を面積順にランキングした結果!!


引用元

15: 科学する 2012/10/22(月) 18:27:00.00 ID:C0Y4FIWh0
元寇というと、日本は弱くて馬鹿だったけど神風のおかげで勝った!みたいな教育をされるけど
調べてみると神風もあったけど、日本もまた総力を尽くしていい戦いをしてたっていう話で面白いよ
向こう側の文章に「夜に小舟で乗り込んできて大船の兵を皆殺しにされた、怖い」とか「海に突き落としたのに鎧着たまま泳いでた、なにあれ」みたいな記載があったとか

17: 科学する 2012/10/22(月) 18:28:45.02 ID:IEEQkSYM0
>>15
九州の軍勢だけで戦ってたって凄いよな

57: 科学する 2012/10/22(月) 19:01:44.08 ID:6Abf3Qy00
>>15
これ本当だったらめちゃくちゃ怖いなw

105: 科学する 2012/10/22(月) 19:54:15.37 ID:JmEDdQQu0

>>15
あとは死にぞこないのじじいが鎧を着て、わざわざ自殺としか思えないような
攻撃をしてくるのも元は理解出来なくて、怖かったらしい

鎌倉武士としては
・年寄りが死んだ分の口が減って、家の暮らしが楽になる
・戦死見舞金(恩賞)が期待できて、家の暮らしが楽に成る

という理由だったんだけどね

25: 科学する 2012/10/22(月) 18:33:04.13 ID:RLs2jwdq0
本当に教科書ってミスリードだよな
絵も編集して日本が負けてて台風で助かったみたいになってるとか異常すぎだろ

64: 科学する 2012/10/22(月) 19:06:04.02 ID:jna6WNIUP
>>25
今の教科書の基本ラインができた頃はマジで歴史学会に
マルキシストしかいなかったから学会的には秀吉の朝鮮出兵はおろか
白村江の戦いまで無法な日本による大陸・半島侵略で
元寇は大陸からの正当な征伐だったんだよ
ネトウヨの妄言にしか聞こえないかもしれんがどんな歴史書読んでも全部この論調だよ
元寇には絶対に侵略という言葉を使わない

26: 科学する 2012/10/22(月) 18:34:04.08 ID:SH8zhi8O0
博多に上陸を試みたのが間違いだな
まずは北海道に上陸して北海道を丸ごと占領してから本州へ向かえばよかった

56: 科学する 2012/10/22(月) 19:01:02.37 ID:fWXUlUur0
>>26
アイヌ民族なめんなよ!

27: 科学する 2012/10/22(月) 18:34:59.53 ID:2AuGc/ql0

蒙古襲来絵詞も一部分だけ見せて
日本が苦戦してますよと言うイメージの植え付け

元軍が逃亡している場面は見せない

33: 科学する 2012/10/22(月) 18:38:40.50 ID:9BcyitGC0
鎌倉武士は“てつはう”っていーなこっちも導入しようぜって気にならなかったのか?

37: 科学する 2012/10/22(月) 18:41:11.83 ID:Vi7nGcxe0
>>33
日本は良質な火薬を産出できない
戦国時代の鉄砲用も輸入に頼ってたとか

63: 科学する 2012/10/22(月) 19:05:54.05 ID:dp2Jx4Kw0
日本の歴史教育では武士は過小評価されているしな。
有名な、てつはうの絵も元寇が逃げ出している部分をカットしてるからな。

84: 科学する 2012/10/22(月) 19:31:31.29 ID:dEawjbei0
単なる陸上戦ならともかく、上陸戦って難易度高いぞ。
逆に当時の日本側が朝鮮なり中国なりに攻め込むと過程して、絶対に成功しない。

98: 科学する 2012/10/22(月) 19:45:15.27 ID:ZDOvqbyH0

>>84
どうだろうなぁ。文永の役は上陸を終えてから戦闘が始まったし
弘安の役なんて上陸した2日後の陸上戦で海に追い出されてるからな。

97: 科学する 2012/10/22(月) 19:44:02.79 ID:Jz01hxWg0
元軍の最大の強みであった機動力を
上陸戦ではまったく活かせないのだから負けたのも無理はない

107: 科学する 2012/10/22(月) 19:58:04.44 ID:ZDOvqbyH0

こんなに海上にいたら台風を受けて当たり前。

5月3日、元軍出航。
6月6日、北九州上陸。
6月8日、元軍、海に叩き出される。壱岐島に避難。
6月29日、日本軍、壱岐島攻撃。
7月2日、元軍、壱岐島放棄。
7月上旬、江南軍と東路軍合流
7月27日、元軍東進。鷹島付近で日本軍が元軍襲撃。元軍、進軍停止。
7月30~8月1日、猛烈な台風。
8月5日、日本軍、残存元軍船殲滅。
8月7日、鷹島に避難していた元軍10万を総攻撃。元軍壊滅。捕虜2,3万。
南宋人以外のモンゴル人、高麗人、漢人は処刑される。

111: 科学する 2012/10/22(月) 19:59:42.32 ID:fWXUlUur0
>>107
どう考えても日本軍無双だろw

113: 科学する 2012/10/22(月) 19:59:52.75 ID:B5sNLTUBP
>>107
台風に当たらない方が奇跡だなw
これ旧暦で今の季節と一ヵ月ずれてるんだよな?

122: 科学する 2012/10/22(月) 20:08:05.69 ID:lB0g3iI70
もともと数と物量で押すだけのアメ公みたいな低能軍隊だからな
マジ過大評価
中東とかがゴミすぎただけ

136: 科学する 2012/10/22(月) 20:30:14.78 ID:QQ80+BJW0
まあ当時、元軍って聞けば即逃げ出すような状態なのを
小さい島国の民族が、世界情勢に疎かったとは言え、果敢にも立ち向かってきたのは驚きだったんじゃなかろうか
これだけの兵率いて圧力かければ、降伏すると思ってただろうし

137: 科学する 2012/10/22(月) 20:36:08.16 ID:IEEQkSYM0
>>136
日本人が、今でもそうだが怖いもの知らずだったって事か

166: 科学する 2012/10/22(月) 21:37:16.89 ID:JqCjZ+nS0
現在の日本人に、モンゴル人の血が残らなかったってのが凄いと思う
上陸してきたモンゴル人を徹底的に根絶やしにしたってことだからな

175: 科学する 2012/10/22(月) 21:53:01.90 ID:HtcnjIfj0
>>166
捕虜は全員殺して、南宋人は手厚く保護して返してやったらしい

177: 科学する 2012/10/22(月) 21:55:27.44 ID:IEEQkSYM0
>>175
三万人のモンゴル人、朝鮮人、漢人の首を跳ねたんだろ
凄いな

168: 科学する 2012/10/22(月) 21:39:08.84 ID:UB1xL7Qw0

モンゴル軍に得意の機動戦術をやらせなくて
局地戦に持ち込んだ武士の勝ち

一対一なら紙装甲のモンゴル兵なんかカカシだから

172: 科学する 2012/10/22(月) 21:46:51.21 ID:cpnvLIwU0
>>168
そもそも馬連れて来てたの?

180: 科学する 2012/10/22(月) 22:01:58.36 ID:/M6NjVN30
>>172
船に居たが、結局食ったんじゃねぇか?長期戦となりゃ上陸出来なきゃ馬は意味ない
飯にするしかない

193: 科学する 2012/10/22(月) 22:29:41.55 ID:mjRRWm3Q0
>>180
馬の餌は?
大量の青草が必要だが船上では無理なので干し草になるがそれだと更に大量の
水を与えないと馬は便秘になってしまうので馬は連れていないと思う。

195: 科学する 2012/10/22(月) 22:40:05.02 ID:A7VyX/Wy0
>>193
文永の役で蒙古側が馬を博多周辺の戦場で使用したことは『八幡愚童訓』や『蒙古襲来絵詞』にも描写されており、
『高麗史』にも高麗南部に遠征に用いる軍馬のための糧抹を配給する奥魯が設置されていた事からも、軍馬が舶載され海上を渡航したことは間違いないが、
文永の役や弘安の役で、テュルク・モンゴル的な騎馬兵の部隊がどれだけ派遣されたかについては不明な点が多い。

171: 科学する 2012/10/22(月) 21:45:17.03 ID:R+P3z3xwP
昔の日本人ってまるでサイヤ人だな。。

182: 科学する 2012/10/22(月) 22:11:56.80 ID:YhqOPbb30

>>171
元寇はドラゴンボールに例えるなら、サイヤ人襲来をなぞっているみたいで燃える

誰か漫画化してくれよ。

186: 科学する 2012/10/22(月) 22:16:44.15 ID:/c/JCaAb0
鎌倉時代の日本刀はキチガイみたいにな切れ味だったらしいな。
蒙古兵の片手持ちの盾・鎧・鎖帷子・肉・骨を纏めて両手持ちの日本刀で一瞬で切断。
身体がふたつがに分かれて即死。蒙古兵は恐怖で身動きが取れず惨敗したと言う。

219: 科学する 2012/10/23(火) 00:31:37.40 ID:GXeu7FvV0
>>186
日本刀でも太刀の部類だからな。
刃の厚みが違う上に、中には現代で云う合金みたいな刀があって
今では完全なロストテクノロジー。

256: 科学する 2012/10/23(火) 03:37:40.78 ID:nQOlLYCq0

>>186
>蒙古兵の片手持ちの盾・鎧・鎖帷子・肉・骨を纏めて両手持ちの日本刀で一瞬で切断

さすがに、それは無理じゃね?

257: 科学する 2012/10/23(火) 03:40:28.53 ID:N10NPS7+i
>>256
モンゴル兵は馬上で戦うから
防具はマジで紙装甲

194: 科学する 2012/10/22(月) 22:33:40.84 ID:45ey7LHF0
日本は武士は教育を受けているから強いけど
一般兵は何もしらない村人だからなあ

199: 科学する 2012/10/22(月) 22:58:45.27 ID:MK4KPTAo0
>>194
まあ、その一般村人が作った防塁が二度目の侵攻では大いに役に立ったわけで

221: 科学する 2012/10/23(火) 00:35:38.66 ID:L12cTbKt0

鎌倉武士は蒙古軍に対して相当な自信を持っていたことは間違いない。
文永の役の後、日本は第一次高麗征伐計画を考えているし、弘安の役の後も
第二次高麗征伐計画を考えている。

文永の役は100%陸上戦だったし、弘安の役にしても海の中道を舞台に陸上戦を
展開して元軍を破ってる。日本側の認識ではこれと言って蒙古軍の陸上戦術を
これと言って畏れてはいないんだな。

実際に日本で倭寇になった武士とかが元の沿岸から内陸部に侵攻して城を燃やしたり
海防の兵や住民を殺戮して元を苦しめてる。

251: 科学する 2012/10/23(火) 02:51:36.99 ID:4yvEgKpU0
逆に大陸で戦えば武士はモンゴル騎兵に負けるだろうな
ヨーロッパの騎士がフルボッコにされたみたいに

270: 科学する 2012/10/23(火) 15:48:39.61 ID:BKXxG6Ld0
>>251
いや、大陸で戦っても武士がモンゴル軍に勝つ。
モンゴル軍は日本から海を渡って大陸を襲撃する倭寇に歯が立たなかった。

285: 科学する 2012/10/23(火) 16:32:58.96 ID:BKXxG6Ld0
>>279
倭寇はモンゴル軍が厳戒体制敷いてる中、交易の最重要拠点の慶元府攻め落としてる。
あきらかに日本人より弱い。
大草原で戦っても騎兵として武士に劣るモンゴル兵に勝ち目はないよ。

291: 科学する 2012/10/23(火) 16:50:10.89 ID:4yvEgKpU0

>>285
モンゴルは兵の特性上、攻城戦や防衛線は弱いよ

山岳地が多くて、平野の少ない日本だと大規模戦が起こりにくい。
自然と個人戦や小規模の局地戦が主体となるから
必要のない機動力を殺して、個の戦闘力と防御力を極限まで高めた兵士が武士

局地戦の特化戦士って考えるべき。
当然重い鎧を着ているわけだからモンゴル騎兵の機動力には足元にも及ばない

モンゴル兵は軽装備で極限まで機動力を高めた戦士
全軍の8割以上が騎兵で大平原でその特性が発揮される
当然個人の戦闘力や防御力は武士に劣る

大平原で戦えば鈍足の
武士団の陣形なんか一瞬でズタズタにされるよ

レグニツァでドイツ・ポーランド騎士団が壊滅したみたいに

293: 科学する 2012/10/23(火) 17:00:10.66 ID:BKXxG6Ld0
>>291
日本は人口が多いからモンゴル軍が暴れ回ったヨーロッパや中東よりも遥かに大規模戦が行われていたよ。
つまり大規模戦こそ武士が最も得意とする戦い。
ドイツ騎士団なんて当時の構成員が1000人程度。
そんな弱小勢力に勝ったからって、武士に通用するわけないだろ。
大草原で戦っても武士ならモンゴル騎兵を瞬殺できる。

296: 科学する 2012/10/23(火) 17:12:30.87 ID:4yvEgKpU0

>>293
ドイツとポーランドの連合軍だけどな
モンゴル軍の方が少数で地の利も使えないアウェイで完勝っすよw

関ヶ原行ったことある?三万も並べば戦場一杯一杯だよ

8割が騎兵で一撃離脱の毒矢攻撃を得意とする
モンゴル騎兵に自由に暴れさせて
どうやって武士が勝つの?猛ダッシュで追いかけるの?ww
勝つ絵が全く浮かんでこないんだが

大平原で重装歩兵(武士)で戦うとか無いよマジで
もうちょっと兵の特性を考えたら?

武士は攻撃力・防御力に特化してるだけで、
モンゴル兵に比べれば動く石像レベルの機動力なんよ、決してオールマイティな兵科ではない

308: 科学する 2012/10/23(火) 17:33:28.03 ID:BKXxG6Ld0

>>296
ドイツ騎士団は当時1000人程度の構成員でポーランドやリトアニアと互角に渡り合っていたわけで、
つまり東欧なんてそのレベルの世界。
そんなのに勝っても全く凄くない。
それから関ヶ原は東軍西軍合わせて20万人近くが実際に戦ってるじゃん・・・

モンゴル騎兵が攻撃力と防御力で武士に劣る以上、どこで戦おうとモンゴル軍の勝ちはないよな。
あと、遊牧民って機動力あるのは戦闘員だけで、その後方の補給部隊はトロイよ。
羊なんて1日の行動半径6キロ程度しかないわけで。
だから後方部隊捕捉されたら定住民の軍隊にも簡単に負ける。
ナヤンカダアンの乱で、100パーセントモンゴル騎兵のカダアン軍が高麗兵とか漢人兵とか連れて
戦象に乗ったクビライの元軍に草原で大敗してるし。

333: 科学する 2012/10/23(火) 20:36:02.48 ID:JD0WdlvJ0

>>308
元寇で来たのって、モンゴル軍主力に負けて鹵獲された南宋の兵
モンゴルに勝ったとは言えないんじゃないかな。

実際のモンゴルの動員兵力↓

対南宋征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍30万~40万

対金征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍約15万、南宋援軍30万

対ベトナム征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍最大50万

対アッバース朝戦
動員兵力:モンゴル帝国軍10万人

本当にすごいのは、南宋も金も100万近く兵居たのにそれに勝ってる事
当時モンゴル軍が最強だったのは間違いないよ。

352: 科学する 2012/10/24(水) 07:54:13.39 ID:LdY+x+/j0
モンゴルの弓が日本の鎧に効果がなかったと報告されてるからな
明清のころも日本兵は鉄兵と言われてたくらい東アジアじゃ最強防御力