昭和天皇 -敗戦後も人気を維持した名君主!-

満州事変から第二次世界大戦まで。激動の時代に天皇の座にいた昭和天皇。
日本史上唯一他国に占領を許した天皇ということで、ある意味最悪の天皇とも言え、本来ならば廃位、追放、苦渋な目にあっても仕方がないところですが、そんなことはなく、63年の崩御まで人気を維持し続けた稀有な天皇であります。

今回はそんな昭和天皇を見ていきましょう〜!!

二・二六事件に待ったをかける

大日本帝国は立憲君主制をとっていたため、天皇が何かしら政治的発言を行うことはありませんでした。しかしながら在位11年目に起こった二・二六事件は違います。天皇親政を目指し、要人暗殺を行った若手将校たちに対し、昭和天皇は突如怒りを表し、彼らを反乱軍としました。それ以前にも五・一五事件などの首相暗殺程度では、一切何も言わなかった天皇がここに来て発言をしたため、一気に事件は終息へと向かったと言われています。

ただこの一件、反乱を速やかに鎮圧したという意味では良かったのですが、結果的に反対派閥の力が増大してしまい、大東亜戦争の遠因となったと言われています。

終戦

天皇の未来を決定付けたのはまさにこの終戦の決断と言えるでしょう。曲がりなりにも、天皇自らが終戦宣言を行ったということで、苦難の戦争を終わらせてくれた君主となり、戦争後も皇室の人気が落ちることがありませんでした。終戦できず、ずるずると戦争が続いたり、別の形で戦争が終わったりしたら、天皇家も廃絶なんてことがありえたかもしれませんが、やるべき時にやってくれたということで、その人気を維持することができました。いや、本当君主の仕事なんて一番キツイ大仕事さえしてくれればあとは遊んでいてもいいですからね。極端な話。

第一次世界大戦で負けて逃亡したドイツ皇帝とはやはり大きな違いを感じます。

そんな玉音放送口語訳

私は、世界の情勢と日本の現状を深く考え、緊急の方法でこの事態を収拾しようとし、忠実なるあなた方臣民に告げる。

私は政府に対し、「アメリカ、イギリス、中国、ソ連の4カ国に、共同宣言(ポツダム宣言)を受け入れる旨を伝えよ」と指示した。

そもそも日本臣民が平穏に暮らし、世界が栄え、その喜びを共有することは、歴代天皇の遺した教えで、私も常にその考えを持ち続けてきた。アメリカとイギリスに宣戦布告した理由も、日本の自立と東アジアの安定平和を願うからであり、他国の主権を排して、領土を侵すようなことは、もとより私の意志ではない。だが、戦争はすでに4年も続き、我が陸海軍の将兵は勇敢に戦い、多くの役人たちも職務に励み、一億臣民も努力し、それぞれが最善を尽くしたが、戦局は必ずしも好転せず、世界情勢もまた日本に不利である。それだけでなく、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、罪のない人々を殺傷し、その惨害が及ぶ範囲は測り知れない。なおも戦争を続ければ、我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破壊してしまうだろう。そのようなことになれば、私はどうして我が子のような臣民を守り、歴代天皇の霊に謝罪できようか。これが、共同宣言に応じるよう政府に指示した理由だ。

私は、アジアの解放のため日本に協力した友好諸国に対し、遺憾の意を表明せざるをえない。日本臣民も、戦死したり、職場で殉職したり、不幸な運命で命を落とした人、またその遺族のことを考えると、悲しみで身も心も引き裂かれる思いだ。また、戦争で傷を負い、戦禍を被り、家や仕事を失った者の生活も、とても心を痛めている。これから日本はとてつもない苦難を受けるだろう。臣民みなの気持ちも、私はよくわかっている。けれども私は、時の運命に導かれるまま、耐え難いことにも耐え、忍び難きを忍び、未来のために平和を実現するため、道を開いていきたい。

私はここに国体を護ることができ、忠実な臣民の真心に信じ、常に臣民とともにある。もし、感情のままに争いごとや問題を起こしたり、仲間同士が互いを陥れたり、時局を混乱させたりして、道を誤り、世界の信用を失うようなことになれば、それは私が最も戒めたいことだ。国を挙げて家族のように一致団結し、この国を子孫に受け継ぎ、神国(日本)の不滅を固く信じ、国の再生と繁栄の責任は重く、その道のりは遠いことを心に留め、持てる総ての力を将来の建設に傾け、道義心を大切にし、志を固く守り、国の真価を発揮し、世界の流れから遅れないよう努力しなければならない。あなた方臣民は、これが私の意志だとよく理解して行動してほしい。

今読んでも感動しか生まれてこない名文です。文章だけでも感動するのに、戦時中の人が現場で聞いたらそりゃ比較にならない感動の渦だったと思います。

こりゃ勝てないわ、とも。

敗戦後、GHQに占領されても皇室を維持できたのも頷ける話です。

昭和天皇が立憲君主として決断をしたのは二二六事件と、終戦のわずか2回。63年という長い治世にもかかわらず、たった2回頭下がりますね。


引用元

1: 科学する者 2015/03/25(水) 16:56:11.68 0

昭和帝の実績。

・頭のいかれた軍部の始めた大戦争を終結。
・イタリア、ドイツが亡国の憂き世に合う中、敗戦国で唯一国体護持。
・雨あられのように爆弾が降り注ぎ新型爆弾2発で壊滅した日本国土の再建達成。
・戦後、世界第一の経済大国に成長。
・黄色人種で始めて誕生した経済大国。
・大戦後も世界各地で戦争や紛争が発生する中、在位中一度も戦争することも巻き込まれることも無く平和を貫く。
・日本国内の治安も安定し平和を享受する。

世界史にこんな名君はいるか?
いるなら誰?あげてみろ!

2: 科学する者 2015/03/25(水) 18:12:01.96 0
>>1
名君と言うよりも、奇跡と言うほうが正しいような気がする。
普通なら、アレだけの敗戦を経験したら、
処刑か国外追放はまぬかれないが、
そのまま天皇の位を維持した上に、国民から敬愛されていたのだからな

7: 科学する者 2015/03/25(水) 22:11:41.86 O
>>2
マッカーサーはやりたかったらしいが、諸事情が重なり処罰も出来ない上に殺すに殺せなかったが正しい
せっかくの終戦が無駄になって泥沼の戦闘を続けながら日本中でジェノサイドを選択するしかなくなる上に
終戦直後に当時のヴァチカンもといローマ教皇が直々に天皇や靖国神社を含む神社仏閣に手出しするなという公式声明を連合国側に対して出してるんだよな

95: 科学する者 2015/04/15(水) 13:50:15.44 0
>>7
連合国の中核のアメリカはWASPという言葉があるようにプロテスタントが主流
(歴代大統領でカトリックはケネディ一人だけ)だし、イギリスも国教会。
反ローマ教皇を掲げて分離した宗派が主流の国に対して「ローマ教皇直々に」ってのはなんか違和感がある。

99: 科学する者 2015/04/16(木) 17:42:20.81 O
>>95
ヴァチカンが本当に声明を出してたんだから仕方ない
今も世界中の王侯が集まった場合の上座は今上陛下、英国王(女王)、ローマ教皇の3人で在位順だそうだしな
それに多分、キリスト教徒による他国の皇帝の殺害や神道や仏教への弾圧だと思われ世界中から非難を受けるのを避ける意味合いもあったんだろうけどね

28: 科学する者 2015/03/27(金) 14:09:01.07 0
>>2
領地の四割というデカい代償を払ったけどな

78: 科学する者 2015/04/09(木) 18:58:34.46 0
>>1はじめおまえらに言いたいけど
世界史上最悪な大戦争である太平洋戦争を引き起こしたのは昭和帝だからな。
誰が開戦の詔を出したかよく考えてみろ。

79: 科学する者 2015/04/09(木) 19:00:40.72 0
>>78
帝国憲法では天皇に戦争を引き起こす権限ないから
むしろ終戦の詔を政府無視して出したアレが違憲行為

80: 科学する者 2015/04/09(木) 19:16:48.25 O
>>79
御聖断を求めた側も本来なら越権行為だという自覚があったそうだけどな
陸軍の若手将校がまた2.26みたいな真似をしかねなかったのがネックだったからああなっただけで

81: 科学する者 2015/04/09(木) 19:19:57.75 0
>>79
別に違憲でも政府を無視したわけでもねえぞw
終戦詔書はちゃんと法に則って作成されてる。
ポツダム宣言受諾を決定した御前会議での所謂聖断も別に憲法に違反してない。
ただ昭和天皇が自らに課した英国流立憲君主としての立場から逸脱してるってだけ。
聖断についても研究が進むにつれ天皇自身の発案ではなく終戦派が構想して天皇にやらせたのが判ってきた。

82: 科学する者 2015/04/09(木) 19:27:01.39 0
>>81
天皇が御前会議で政治の意思表明するのは違憲
そういうのは国務大臣が自身の責務で天皇を輔弼すると55条に定まってる

83: 科学する者 2015/04/09(木) 19:50:25.90 0

>>82
別に天皇が意思表明しちゃいけないとは書いてない。
55条には閣僚が天皇を輔弼して責任を負う。
法令やら勅令は大臣の副署が必要と書いてあるだけ。

聖断についてはそもそも天皇がポツダム宣言受諾を決するのを前提として
聖断を求める図式に持っていったグループがいたってこと。
三対三に分かれたのは偶然じゃなくて計算されてたし、そこで首相の票でなく聖断で受諾を決する
筋書きが最初から出来てた。

85: 科学する者 2015/04/09(木) 20:00:30.83 0
>>83
神聖不可侵で無答責の代わりに意思表明もできない

87: 科学する者 2015/04/09(木) 20:32:26.31 0
>>85
それは憲法上の問題じゃない。
昭和天皇はそう考えていたと思うが、一般的な憲法解釈では天皇機関説でも決裁の主体はあくまで天皇だろう。
だから天皇が意思を表明することは違憲ではないと認識されてた。
そうでなければ宇垣一成が組閣に際して勅旨を貰おうとしたことも違憲行為を要請したことになるが、
湯浅内大臣や宇垣一成には違憲という認識はなかっただろう。

86: 科学する者 2015/04/09(木) 20:31:30.24 O
>>85
だから、御聖断を求められたポツダム宣言の件が例外なんだよ
理由は上で書いたように2.26事件のような陸軍若手将校の暴発防止になる
陸軍大臣も若手将校には苦慮していたらしき記録も残ってるからな

88: 科学する者 2015/04/09(木) 20:38:18.47 0

>>86
だから憲法秩序も慣習も全てぶっちぎって
昭和天皇は戦争を止める決意をしたって話で特別だよな

>>87
そいつらの認識の問題じゃねぇから
憲法は書いてあることが全てじゃなくて伝統によっても決まる
昭和天皇は明治以来の決まり、そして帝国の憲法を破って終戦のご聖断を下されたのだよ

20: 科学する者 2015/03/26(木) 19:21:13.10 0
そんなこと言ったら日本の古代からの明治天皇を除く歴代天皇なんてみんな昭和天皇以下だよ。
日本の天皇で昭和天皇と明治天皇を以外に名君っていただろうか?

21: 科学する者 2015/03/26(木) 20:01:31.04 0
今上帝は明治帝には及ばないが名君だと思う

22: 科学する者 2015/03/26(木) 20:33:00.61 0

昭和帝の全国巡幸は占領軍の企みだった。
「ヒロヒトは単なる中年男だ!さらし者にしてやる!民衆から石でも投げられればいいさw」
これが本音だった。

しかしふたを開けてみたら全国どこでも天皇陛下万歳万歳で、
GHQの思惑は大外れ。
しかし「天皇が人気有り過ぎるから」などという理由で中止にするわけにもいかず、
それこそ涙ふけよ状態だったとか。

24: 科学する者 2015/03/26(木) 21:49:38.23 O
GHQのマッカーサー及び後任のリッジウェーは、
源、足利、徳川と同じく天皇から日本国統治を委任された征夷大将軍みたいなものだ
1945~1952年はGHQ幕府の時代

26: 科学する者 2015/03/27(金) 07:49:13.37 0
GHQ幕府か
面白いし割と的を得てると思う

27: 科学する者 2015/03/27(金) 12:57:15.38 0
明治天皇
幕末から維新、そして列強の仲間入りを果たすまでの日本の激動期に
国民の精神的支柱と国家の顔としての大役を果たされた
国民の模範となるべく、常に自身を厳しく律しておられた名君

29: 科学する者 2015/03/27(金) 22:40:06.33 0
>>27
実質、なにもやっていない

30: 科学する者 2015/03/27(金) 23:02:02.28 0
>>29
精神支柱は結構大きいよ
維新の明治帝然り、終戦の昭和帝然り、震災の今上帝然り

31: 科学する者 2015/03/27(金) 23:27:46.86 0
>>30
タイ国とか、あわや内戦というときに、王様が両陣営の代表に顔を見せに来いと御召をかけただけで
大抵のことは収まるよね

32: 科学する者 2015/03/28(土) 01:52:47.41 O
>>31
それが君主制のある国の強み
最悪、国王が自ら動いて軍を掌握出来るか軍の側が国王の麾下に入る形で国王を担ぎ出してしまえば事態の収集はどうにか出来るし

90: 科学する者 2015/04/09(木) 21:12:27.19 0
そんな特別な決意をもって戦争を終わらせたかったのらなんで特別な決意をもって御前会議で
天皇自身が戦争はしないと言わなかったのか?
開戦は時の軍や政府の責任で終戦は天皇の成果なんて話は通用しない。

92: 科学する者 2015/04/09(木) 21:36:57.24 0
首都が焼け野原になった後も戦争を継続させようとしていた軍人までいたんだぞ
その戦争を始める前から天皇が反対したって始まるもんは始まってたよ
むしろ反対したら天皇や他の重臣の身が危ないし戦争自体終わらなくなりかねん

94: 科学する者 2015/04/09(木) 22:06:43.71 O
>>92
陸軍の若手将校なんかがそれだな
だから陸軍大臣の阿南惟幾は本土決戦を煽る若手将校への対処に苦慮していたらしき記録も残ってるし、自刃前に受諾を受け入れ自重するように厳命してる

148: 科学する者 2015/04/30(木) 19:12:56.24 0
名君とかバカかよおまえらw
こいつがハルノート蹴って戦争が始まって原爆投下は仕方ないとか言ったんだぞw
どこが名君なんだよw単なる暗君だろうがw

154: 科学する者 2015/04/30(木) 20:15:30.54 O
ハルノートなんて常識からも逸脱したどんな小国でもブチ切れて即宣戦布告して当然なんて言われた代物だろうが
あれはあれでアメリカ人でも恥知らずな黒歴史だと思ってる人間もいるそうだけど

159: 科学する者 2015/04/30(木) 23:37:07.43 0
>>154
出方をうかがって適度に妥協するつもりできつめの要求をしたら、
いきなり相手が真っ赤になって襲いかかってかたというw

162: 科学する者 2015/05/01(金) 11:57:17.44 0
>出方をうかがって適度に妥協するつもりできつめの要求をしたら、
あれが交渉の末の最後通告だろ。

164: 科学する者 2015/05/01(金) 12:22:19.00 O
>>162
だからこそハルノートがあまりにも非常識な代物だと言われる訳だしな
どんな小国だって即時開戦を決めるなんて言われるような条件だらけだし、そもそもハル本人が対日開戦論者だったから初めから交渉役に不適格だったのもある
それにハルノートの根底には人種差別があったという話もあるからな

313: 科学する者 2016/04/18(月) 20:25:49.01 0
東條英機に全部責任負わせて自分は生き残ったんだよな。
でも先帝陛下の時代の方が良かった

314: 科学する者 2016/04/18(月) 20:34:10.74 0
戦争に負けることが分かっていた。
戦争犯罪者として処刑される生け贄が必要だろう。
天皇陛下のために自分が処刑される役を買って出た。
そして見事天皇は処刑されなかった。

325: 科学する者 2016/09/02(金) 07:37:16.32 0
世界史をずっと勉強してきたけど昭和天皇を超える名君はいなかったな