加賀藩とかいう外様最大の大大名!〜江戸時代を生き残った前田家100万石の処世術〜

外様最大の大大名といえば前田利家が作った加賀100万石が有名ですが、はてさて、困ったことに、日本史の教科書では、殆ど登場することがありません。

幕末維新にしても、加賀の「か」の文字すら出てくることなく、薩長土肥とかいう20〜70万石程度の大名たちの集合体で徳川家を討伐したことになっています。

そんな加賀100万石。江戸時代に一体何をしていたのか、まとめて参りましょう!!

関連記事:実高ベースで見ても加賀百万石はダントツ1位

前田利家が藩を大きくする

当時織田信長の家臣であった、藩祖・前田利家が賤ヶ岳の戦いで柴田勝家についていると思いきや、秀吉側に寝返り3国合計100万石を手に入れます。

秀吉の時代、100万石を超える大名は、徳川、毛利、上杉ぐらいで3番手と、5大老の一人ぐらいの大きさでしたが、関ヶ原の戦いで、石田三成についた、毛利と上杉は減封されてしまったので、前田家は大名の中で100万石を超える唯一の大名となってしまいました。

とにかく幕府の機嫌を取ってきた

加賀100万石。ダントツで1番の大名となりますが、目立つと潰されるということで、そのままでは、難癖をつけて取り潰しに遭うのが目に見えています。

そこで、前田家がとった行動は・・・!!

とにかく将軍家のご機嫌をとることでした。

幕府に借金を申し込まれて即座に用立て、しかも返さなくていい

金を貸す時は帰ってこないつもりで貸すものとはよく言ったものですが、幕府に貸しを作れたのは大きいですよね。

藩士に武芸の稽古を禁じ、加賀友禅や焼き物などの骨董、お菓子、金箔など文化症例を行う

武士なのにこんなことしてて大丈夫なのかよ@@

藩主自らバカ殿を演じて、幕府の老中にわざと侮られたりして警戒されないようにしたり

藩主が鼻毛を伸ばしたり、立ちション罰金エリアで、用を足してみたりおかしなことをしていたようです。

江戸初期は名君を排出し続けるものの、加賀騒動で没落

前田家は、初代利家から、3代利常、5代綱紀、6代吉徳と、江戸初期は名君を立て続けに排出(間の2代、4代は短命なので長い間善政となっていた)

が、加賀騒動が起こり、ボロボロになってしまい、そのまま這い上がることができなくなってしまうのでした。


引用元

12: 科学する 2014/02/22(土) 22:46:24.90
福岡黒田藩や熊本細川藩も幕末は何にもしてない
関ヶ原の勝ち組は幕藩体制に不満はなかったと言える

13: 科学する 2014/02/22(土) 22:56:37.86
>>12
佐賀藩も土佐藩も勝ち組だっつーの。

33: 科学する 2014/08/15(金) 20:18:20.31
家康に対抗するでもなく東軍についた利長も地味だ

34: 科学する 2014/08/15(金) 20:20:48.32
金沢には旧藩士の子孫は一軒も残っていない。
士族の没落ぶりをよく表している。

40: 科学する 2014/08/17(日) 21:10:53.05
>>36
有能な奴は維新の後
東京に行ったんじゃないの?
旧金沢藩士で海軍士官になる人も多かったし
武士の家計簿で有名な猪山家とか

43: 科学する 2014/08/20(水) 00:03:41.92
前田家に限った事ではないが、ある程度の士分は東京へ引っ越してるね
金沢と完全に縁が切れたわけじゃなくて、家老格の八家の直系傍系はわりといるし、猪山も金沢にも家を持ってた

45: 科学する 2014/11/20(木) 18:03:28.83
江戸時代が始まる前にも
関ヶ原も始まらないうちに人質だして家康に恭順だし
幕末も幕府に蟄居命じられておとなしくしてて
どこまでもパッとしないな前田って
徳川に次ぐ石高を誇りながら
同じ外様の3番手島津にすら遅れとりまくり

46: 科学する 2014/11/20(木) 19:06:52.52
でも、以前、金沢の武家屋敷で観光客に案内・解説している人が、
いまでも旧藩士の子孫の方はお住まいですかという質問に対して、
いまでは一軒も残っていませんと言ってたのを聞いた記憶がある。

47: 科学する 2014/11/20(木) 19:18:22.89
加賀藩は伝統的に大勢に従うんだよ。
幕末も鳥羽伏見で幕府軍が敗北したら手のひら返したし。
大勝もない代わりに大敗もしないのが前田家の伝統。
関が原で西軍が勝ってたらいきなり秀忠軍を攻撃してたはずw

48: 科学する 2014/11/20(木) 20:37:05.76
>>47
前田は関が原のとき北陸から一歩も出ず小さな城1つ2つ攻めてただけ
利長は母親のまつを江戸へ人質にやってるのだから無茶はできないししないだろ
西軍が勝っても秀忠攻めるなんて無茶はやらないし北陸から出ない
これ以上領土がほしいという野心もないし本領安堵してもらえば十分

52: 科学する 2014/11/21(金) 12:22:28.33

存在感ありありだったんじゃない当初は

前田利長(利長くん)の高岡城に行ってきてみなよ

次の代が築いた小松城の古図とかも見てみたらいいよ

あんな巨大な城を領内に何個も何個も持てたのは巨大な存在感があったから

島津や伊達でも、前田の支城と同じ大きさの支城は皆無

53: 科学する 2014/11/21(金) 13:58:47.60

>>52
存在感があったせいじゃなくて立ち回りがうまくて加賀百万石を守れたから
金だけはあってあちこちに城持ってただけだろ

島津や伊達は前田ほどの石高がない

54: 科学する 2014/11/21(金) 14:09:33.45

前田の百万石は秀吉の広大な領地のおさがりって感じで、
伊達や島津のように独力で切り取ったという感じが薄い。

柴田勝家を倒して加賀を手に入れたときの前田の功績といえば、柴田を裏切ったことくらい。

総大将というよりは豊臣の部将という感じをぬぐえない。

66: 科学する 2014/11/21(金) 21:41:10.97
すげーよな、たった一代の成り上がりで、以降はずっと貴族とか、、

72: 科学する 2015/01/30(金) 13:41:35.71

存在感のなさ
スカウター(ドラゴンボールの)に探知されないよう
上手に気配を消し
生き残るサバイバル術

五大老筆頭大納言 → 加賀100万石中納言 → 大日本帝國侯爵

これが賢い人生というもの
争いを避けつつも実利を得る・・日本型教育によい模範例

処世術は
歴史の偉人に学べ!

73: 科学する 2015/02/01(日) 07:26:26.60

賤ヶ岳で何もせず帰って五大老
関ヶ原で領内でちょっと戦って御三家に次ぐ身分
幕末維新で途中まで行軍したけどUターンして侯爵

上手いな

74: 科学する 2015/02/14(土) 20:26:36.20
金持ち喧嘩せずの好例だな

94: 科学する 2015/05/29(金) 10:18:23.28
前田吉徳の嫁が吉宗の対抗馬の尾張藩出身だったり、前田宗辰以降「将軍の婿」ポジションが獲得できなか
なったり、加賀騒動で悪目立ちした辺りから存在感が薄めになってきた気がする。
前田重靖が宗直の娘の賢姫と結婚して「将軍の養女」の肩書き持っとけばもう少し違った気がする

103: 科学する 2016/02/05(金) 23:29:03.74
長州は表高37万石だが、銀山収入を入れると70万石に相当したというし、
仙台は表高62万石だが実高は100万超えていたというし、
逆に水戸藩なんか35万石を表高にしたけど、重税による農民の逃亡で一時期は20万石割ったというし。
薩摩も70万石としていたが土地がやせていて実際には半分くらいの石高しかなかった。
密貿易で埋め合わせしていたようだけど。
加賀の名実共に100万石、という方がむしろ稀なような。

110: 科学する 2016/02/20(土) 20:05:15.49
>>103
正確には102万石
富山10万石と大聖寺7万石を支藩として分封する前は119万石
江戸初期で表高120万、実高130万石
新田開発により江戸後期には更に実高増えてたと思われる

117: 科学する 2016/02/20(土) 23:06:59.99
単に外様最大の石高の潘だからめだつことへの恐怖感が他潘よりすごかったんじゃないのか?
バカなふりしてた殿様がいたのも前田家だろ

121: 科学する 2016/02/21(日) 08:33:37.44
島津は普請役などで幕府からかなりしごかれたけど
前田はそれほど負担を押し付けられることも無かった

122: 科学する 2016/02/24(水) 19:55:54.20
前田はいつも勝ち馬に乗るからな。
前田家ほど意地汚い世渡りしてる大名は少ない。
二大勢力がぶつかるときはいつも両天秤にかけてギリギリまで決定を引き延ばす。

125: 科学する 2016/03/17(木) 22:04:30.19
>>122
アレクサンダー帝国崩壊後もエジプトファラオとなった人や
ナポレオン帝政崩壊後も北欧王になった人のように
常に実力No.2で生き残る前田こそ摂関や将軍より上手な気がする

137: 科学する 2016/04/21(木) 07:49:32.61
前田家って秀吉に過大なほど持ち上げられて、豊臣に尽くすと思いきや
身代そのまま徳川様に引っ越しだからなあ。ある意味たいしたものだww

139: 科学する 2016/04/21(木) 12:16:51.76
>>137
利家は豊臣恩顧だったが、
関ヶ原戦の前に利家が病没して、二代目の利長は時勢を読んで徳川に着いた
保身は上手い

140: 科学する 2016/04/21(木) 12:24:29.53
>>139
利家は秀吉の死の直後から、家康が次々と大名家と私婚を通じるのを
一度は咎め一発触発になったが
結局和解して家康の私婚は自由と家康の主張を全面的に認めた
この時点で家康天下を認めたも同じだろう

138: 科学する 2016/04/21(木) 08:44:25.27
戊辰戦争では薩長軍と一緒に越後や会津を荒らしてるし
その時に勢いのある勢力になびいてるだけで、すごい石高なのに自主性、独立性がない

151: 科学する 2016/12/15(木) 00:17:14.09

>>138
なびくだけで自主性がない
存在感がない

だから100万石がずっと続いたんだよ
天下を取る器量がないんだから存在感を消して他の強者になびくのが一番
そして成功した

141: 科学する 2016/04/21(木) 12:36:49.43
利家邸に家康が見舞いに来た際、
息子の利長に家康を刺殺するよう命じてたらしいが、利長は実行しなかったと言う話しもある

142: 科学する 2016/04/21(木) 12:39:28.24
>>141
その時点ですでに家康は主要な大名家と姻戚関係になり
主従関係を確認していたからな
前田にその気はなかっただろう
もし家康を殺せば徳川を盟主と仰ぐ諸大名たちから
前田が殺されかねなかったし

155: 科学する 2017/04/20(木) 02:14:03.19
治世は加賀が一番、土佐が二番と言われてたんだっけ?
就職するなら加賀藩一択だな。土佐は先住民が怖そうだし

167: 科学する 2017/07/19(水) 18:03:01.91
変な義理にこだわらず、織田(柴田)豊臣徳川と巧みにさっさと泳いで、
なおかつ120万石の大大名になって明治までいった処世術は天下一品なり

立ち回りの天才とはまさにこのこと!!

関連記事

絶対戦いたくない薩摩藩とかいうチート戦闘民族www 〜勝ち続けた島津の歴史〜