井伊直政とかいう島津義弘の引き立て役wwww

徳川四天王の一人井伊直政。

四天王とはいうものの、あまり目立った活躍を聞くことはありません。
一番よく聞くのは、関ヶ原のときに、島津義弘が捨てがまりという自爆戦術をとったときに負傷したという話だったり散々です。

またまた、そもそも井伊家で最も有名なのは、幕末の安政の大獄でヤられてしまう大老井伊直弼だったりします。

今回は、そんな闇のベールに包まれた井伊直弼をまとめてみました。

15: 科学します。 2006/12/04(月) 13:56:19 ID:0IfC4WQ2
勉強不足で恥ずかしいのだが、井伊家は普代でも他家に比べたら新参でしょ?
なみいる普代重臣をさしおいて、どんな功績をあげて普代筆頭の地位へ登りつめたの?

17: 科学します。 2006/12/04(月) 14:02:31 ID:GWbhuIvH
新参で、家康本人への忠誠以外寄る辺が無いから取り立てられたのかも
譜代連中にでかい顔されるのは、近世化の中で大名独裁権を確立したかった家康にはウザかったってこともあるだろう
本人が勇猛かつ政治や外交にも通じていた、武辺一辺倒じゃない使い勝手のいい武将だったって点が一番だろう

42: 科学します。 2006/12/19(火) 03:17:59 ID:zG+CitIx
似てるかどうかは別として、直政って肖像画も結構キリっとしてるし
どっかで見た木像も美形だったよ

43: 科学します。 2006/12/20(水) 00:17:59 ID:OFWN6Qrk

関ヶ原で先陣を争った福島正則とは同い年なんだよね

しかし品格が違い過ぎるなw


70: 科学します。 2007/01/15(月) 10:12:18 ID:7AH4Fkyt

直政が家康に見出されるまでの足取りに関して、掴んだ情報はこんなもの。

・実父である井伊直親が謀反の嫌疑をかけられ、今川氏真の意を受けた朝比奈泰朝に粛清される。
赤子だった直政も始末されるはずだったが、母の兄である新野親矩の必死の嘆願によって助命される。
以後二年に渡り、親矩によって養育される。
・新野親矩が、今川から離反した飯尾氏を攻める最中に戦死してしまう。
以後、母の再婚先である松下家にて養育される。
継父になる人は松下清景というらしい。

頭陀寺の松下家の一門ということは、よりによって伯父貴の戦死の
原因となった飯尾氏に従属していた一族じゃんね。
飯尾氏離反に加担してたのかどうかによって、きな臭い話が出てくるかも。

また、この経緯だと、幼少時の直政は松下家の人間であって、
叔母貴が守った井伊家と関わりがあったのか、情報が欲しいところ。

75: 科学します。 2007/01/27(土) 15:43:18 ID:YpFMo9Ue
家康に可愛がられてたという一面だけピックアップしたのか、
全然猛将らしくない直政だったな

78: 科学します。 2007/01/28(日) 00:17:41 ID:jP9c35iR
>>75
本多親子こそ、あの立場に据えるべきだった。

99: 科学します。 2007/02/21(水) 08:38:04 ID:mEsJ/2s4
井伊直政
風雲録:政治71 戦闘78 教養68 魅力68 義理05
覇王伝:政治74 戦闘83 知謀58 采配82 義理10
将星録:政治86 戦闘81 知謀75 足C 騎B 鉄D 水E 農建登 騎突
革 新:統率93 武勇90 知略72 政治75 義理75
足B 騎A 弓D 鉄A 計B 兵B 水D 築A 内B

100: 科学します。 2007/02/23(金) 19:33:13 ID:iOe2eYtN

傷だらけの猛将として知られる井伊直政。
あるとき、幹部が多く集まって場で、家康は直政の衣服を脱がせた。
体に残る傷を一つ一つ指しながら、
これはあの戦いで負った傷、これはあそこで受けた傷、
と涙ぐみながら解説したと云う。
これを聞いた幹部たちも貰い泣きし、
自分も大殿の為に体を張って奮戦しようと決意を新たにしたと云う。

家康の、情に訴える人心掌握術として紹介された話である。

生涯無傷だった猛将・本多忠勝は一体どうしたら・・・

106: 科学します。 2007/02/24(土) 22:57:05 ID:5g8NkEU/
直政は外交手腕は高かったのに、家臣に厳しすぎたのが残念。
家臣とのよい逸話があれば、更に評価されてただろうに。

107: 科学します。 2007/02/26(月) 00:57:18 ID:ydqaAbrP
地元に直孝の墓がある。もっとも、直弼の墓も同じ場所にあるからそっちの方が有名だけど。
ちなみにその地は招き猫発祥の地だそうな。井伊家とにゃんこ何か縁でもあんのかねw
>>106
直政が死んだ時、殉死者0だったらしいな・・・
誰かみたいに禁止したわけでもなく0だったのは井伊家クラスの大名だと考えられん事らしいが・・・
他にも新しく徳川軍に入った武士の殆どが、直政と忠勝だったら後者を選んだそうな・・・
猛将として完成されてる忠勝も大好きだが苛烈に生きた直政もまた魅力的だな~

118: 科学します。 2007/03/09(金) 19:39:58 ID:rdeQzCgb
>>107
地元民が知らないとは・・・招き猫は直孝の命の恩人(恩猫?)。
小学校が世田谷だったから、昔社会科見学で豪徳寺行って話聞いた。
直孝が狩の途中、豪徳寺の門前の木の下で雨宿りしてたら、お寺の門内に
いた猫が招くような動作をしたので思わず近寄ったら、直後にその木に
雷が落ちた。それで豪徳寺は井伊家の菩提寺に。いい話だニャー。

157: 科学します。 2007/06/08(金) 00:06:39 ID:rIcadHJ+
井伊直政ってなんとなく良い人だと思ってたから、
部下からの受けが悪かったとは意外だわ。
山岡荘八の徳川家康くらいしか井伊直政が良く出てくる小説は読んだこと無いけど。

160: 科学します。 2007/06/12(火) 18:40:30 ID:iiy3XyUp
>>157
アレは徳川方に主人公補正かかりすぎだからな・・・。

164: 科学します。 2007/07/30(月) 06:54:46 ID:cGWEWXjo
直政は関ヶ原で受けた鉄砲の鉛毒で死んだのかな?

165: 科学します。 2007/07/30(月) 10:28:33 ID:50brrbW/
>>164
落馬したよね

170: 科学します。 2007/08/09(木) 08:37:51 ID:kCW7TcMY
>>164
負傷したのに戦後処理に駆け回ってろくに養生しなかったせいで
敗血症に罹ったという説もあるね。
当時の衛生面を思えばそうかと私は思う。

184: 科学します。 2007/09/12(水) 22:34:42 ID:xdXlaILN
井伊直政って本当にどうしようもない奴だったらしいな
とにかく性格が悪くて(世間の悪役verの信長よりも酷い)家臣はみんな本多や榊原のところに逃げただとか
10万石を超える大名なのに1人も殉死者が出なかっただとか
大した活躍もしてないのに昇進したのは枕営業に成功しただけだったりとか
挙句の果てには関ヶ原でたった1000人の島津にやられて死亡とかもうマジでどうしようもない

190: 科学します。 2007/09/14(金) 12:27:09 ID:9HgnQlWO

井伊家が一旦滅亡同然に陥ったのは、松平家と親しくしていたのが原因。
今川は疑い深く、松平家と交流があったという事由で井伊家当主に死を与え、当主の人材をすげ替えた。
井伊家苦難の主犯は当然今川だが、松平家にも責任の一旦はある。
そんな井伊家の嫡流が、松平家に対する恨み言も言わず、積極的に部下になった。
しかもまめまめしく仕えてくれた。
本来なら、松平家と井伊家は対等な同盟者になるはずだったのに。
あるいは世が世なら、井伊家が主君で松平家が家臣になっていたかもしれない。
家康は、自分が信を置いた者に対しては情をかける面がある。
松平家絡みで没落した井伊家嫡流に、井伊家本来の所領を取り返してやっても不思議はない。
家康に近侍していた直政を観察していたことで、家康は直政が所領を受け継ぐに値する才覚を持つと判断したのだろう。

直政は本来の所領を取り戻したのであり、異常な早さの「出世」とは一概に言えない。

218: 科学します。 2007/11/30(金) 01:14:54 ID:fHoBeg8H
主や外部の者には優しいが
内部の者には厳しい人ってことか。
部下には死んでもなりたくないが
人間的には嫌いじゃない。

289: 科学します。 2009/04/05(日) 03:38:18 ID:L/fdPqrO
関ヶ原で激戦を繰り広げた島津に家康への仲介役を頼まれて
それを引き受けるあたり、拳で語り合うタイプの人なのかな。

290: 科学します。 2009/04/06(月) 00:25:21 ID:n4CjrPZc
>>289
寧ろ島津の判断力を褒めるべきじゃね?
勿論、井伊の外交力を見込んでだが。

291: 科学します。 2009/04/06(月) 17:00:41 ID:mRqPt6kP
傍から見ても見事な切り抜けっぷりだったから、下手な事になったら
「井伊の奴、根に持ってんじゃね?w」になりかねんしな。

292: 科学します。 2009/04/07(火) 00:38:06 ID:ITFPNEXn
捨てがまりで殺されかけたしねwwww
本来なら交渉どころか頃してやりたいところだが、下手すると西国大名達の笑いものだよな。
直政の度量の深さを見せる意味もあるけど、陪臣も辛いよね。

293: 科学します。 2009/04/07(火) 11:45:16 ID:8yCIRvqq
家康だって、殺されかけた本人が許してやってくれと言ってるのをダメ出しできないしな。

336: 科学します。 2010/01/28(木) 14:23:01 ID:UJXcAyTY
井伊直政の政治力って、
どのくらいの物だったの?
家康は、直政の政治力を高く評価していたそうだが…。

340: 科学します。 2010/01/29(金) 02:53:34 ID:k4Ca0dW5

>>336
関ヶ原後の島津との交渉・土佐鎮定じゃないかな?

寧ろ合戦において政治的意図が大きい戦術をよく取ってる気がするな。
小牧長久手の奇襲や第一次上田合戦の撤退、関ヶ原の先陣なんて正にそれだよ。

純然な政治家は息子の直孝なのは言わずもがなだが。

337: 科学します。 2010/01/28(木) 15:25:43 ID:EndcsIZE
政治といっても広範だからねええ。
直政が外交担当だったのは確かなんだよねえ。

371: 科学します。 2010/09/05(日) 02:34:46 ID:JDRh+tth
井伊が島津の鉄砲が元で死んだなんて絶対嘘。
破傷風の場合昔は数週間で死に到るのがほとんどだが井伊はこの後も関が原の戦後処理や外交役として東奔西走している
重傷おってたらこんな芸当できるかっつーの。

375: 科学します。 2010/09/05(日) 23:40:22 ID:64HygubV
井伊直政が死んだのは単に過労死。鉄砲傷とは関係ない。
2年も経ってるしな。その間もあちこち働きまくりだったし。

378: 科学します。 2010/09/06(月) 11:09:31 ID:9kvC5LJ0
敗血症との合併症とかじゃないか
満身創痍で戦してた時期はピンピンしてた奴が
事務方の仕事2年程度で過労死とかはあり得んよ
撃たれてから気性が大人しくなったのは事実だし
鉛弾の破片が体に残ったままならあり得る話だよ

460: 科学します。 2011/01/02(日) 19:47:58 ID:lnGu12My
しかし、直政の武功は分厚い鎧を着てるのに生傷だらけという危ない橋を渡るのと引き換えだからなあ。
譜代の筆頭なんだから、大阪の陣に参戦してたら、敵と衝突して死ぬかもしれない場所には置いとかんだろ。
総軍監か、作戦立案と交渉の最高責任者だろうよ。

572: 科学します。 2011/05/17(火) 09:47:55.84 ID:PETi+YKg

徳川にはNO2が何人いるんだ?
藤堂高虎、本多正信、徳川秀忠、そして井伊直政

引用元

秀吉や信長の配下と違ってどちらかというと地味な感じですなー!

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/22(水) 22:00:26 ID:54d716494 返信

    こんなんまとめてないで農業勉強したら?
    なにやってもだらしないんだね。
    PV稼いでお金稼いで1人の垂れ死ぬのかー寂しい人生だねー

    寂しいかどうかはぼ、ぼ、ぼくが決めるんだもん!ってか!

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/03/22(水) 22:11:29 ID:a06a9cd26 返信

    徳川四天王の一人井伊直政。
    今回は、そんな闇のベールに包まれた井伊直弼をまとめてみました。

    ????
    あんな短い文章で誰のことか忘れるって病院行かなきゃならないんじゃない?
    バーカ

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/03/23(木) 10:35:35 ID:8760fab3d 返信

    結局農業は?
    やっぱりやめます記事作成中?

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/04/11(火) 21:34:33 ID:1cc5b4066 返信

    農業は?やんないの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>