東のエデンとかいうニート推奨アニメ!

東のエデンとかいう、攻殻機動隊と同じ監督が描いたアニメがあります。

東にニートだけの楽園を作ろうというアニメです。

ニートがなぜ就職したくないのか本質が描かれていて、

あがりを決め込んだおっさんの労働力になりたくない

ということがテーマとなっています。

この番組自体は2009年の開始された話ですが、2017年現在の今でもまだ状況は変わっていないでしょう。なんてったって、失われた20年とか言われており、そろそろ30年とか言われ出す頃合いです。

そこそこの金と地位を手に入れて、満足して、あがりを決め込んで、怠けたいのは仕方ないけど、困ったことに権力持った状態で怠けられるもんだから、就職しても金も、意思も、すべて吸い上げられる養分になるだけで、そりゃ就職なんてしたくないよねと。

そんなこんな東のエデンでは、就職すると養分になってしまうのを避ける為、俺たちの生活圏(東のエデン)を作ってみんなでニートやろうぜと訴えかける話になっております。

単純なおっさん批判かと思いきや、ニートがニートを雇うようになり、おっさんの気持ちがわかるようになるなど、同世代同士でも問題があると提起しているところが良いですね。


名言

この国には頭のいい連中はいっぱいいるのに損な役回りを演じる奴がいない

金の払い方は5歳のガキでも知ってんのに、貰い方は大人でも知らなかったりするんだよね。そりゃ、金使う方が頭下げて貰うより気分いいから「お客様は神様です!」なんつって、つい消費者最強を振りかざすけど、これって本来は売る側の気持ちの話でしょ。だけど、みんなが金を払う側になっちゃったら一体誰がサービスするんだって話だよね。オレは金は払うより貰う方が楽しいって社会の方が健全な気がするんだけどな。

今の社会は上の世代のオッサンが決めたルールでできているために自分たちには絶対勝てないようになっている。だったら、オッサンたちとは別の価値観で世界を塗り替えてしまおう

あがりを決め込んだ大人の気持ちが良く分かる

夜勤は嫌、休み欲しい、給料あげろ、と自分と同世代だが雇われ体質な社員を見て。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。