フラクタルとかいう新自由主義・エントロピー増大アニメ!!!

910000322

アニメ:フラクタルのあらすじをおさらい

自由を追い求めるとどうなるのか?フラクタルは、そんな疑問に答えてくれるアニメだ。

フラクタルシステムにより、全ての人が労働から解放され、自由に暮らすことができる。他人の自由を尊重するため、他者に干渉せず、家族であっても、各々それぞれが別居し、何物にも縛られず好きなように生きている。

フラクタルシステムは、まさに夢の世界を体現してくれる。

人は退屈すると余計なことを考え始め、心が病んでいくが、洗脳プログラムが充実しているので、その心配もなく永遠に不安なき世界を享受させてくれるのだ。

そうしたフラクタルシステムが機能し永遠とも言える1000年の時を経たころ、

完璧に見えるシステムも長年のエントロピーが蓄積し、崩壊寸前となっていた。崩壊を防ぐために、フラクタルシステムの再起動を試みるが・・・。

フラクタルの見どころは何と言っても結論がないことで、フラクタルシステムに支配されて自由の禍福を得ることは良いのかどうかわからん、ということになっています。

主人公たちは、フラクタルシステムを崩壊させ、喜怒哀楽のある人間らしい世界を目指すのかと思いきや、結局再起動してシステムに支配される世界を再構築してしまうのでありました。


今の日本に照らし合わせると?

このアニメの問題提起は、

システムの従属によるかりそめの自由 か しんどいけど真の自由

どちらが良いのかという問題なので、現在社会に照らし合わせると、

大企業病

ベーシックインカムの是非

IT化・バーチャルリアリティ・情報技術が最大限進んだ社会の是非

安倍首相の是非

東京一極集中の是非

といった問題と似ています。

そりゃ答えなんてわからんよね、とも@@

一つ一つ見ていくと、、

大企業病

あんまり苦労せずに権力持っちゃうとめちゃくちゃなこと始めるよね。組織から出たら何もできないのに、勘違いしてめちゃくちゃしてしまう現象。最も典型的なのは民主党政権。

ベーシックインカムの是非

年金とか、失業保険とか、その他いろいろいろんな種類の給付金があるけど、ややこしいので、全国民に一定額毎月配るという制度。働こうが怠けようが無条件で一定額配られるので、行政コストが下がるメリットがあるが、無条件なのがミソで、人としてのモラルハザードを起こす危険も。

IT化・バーチャルリアリティ・情報技術が最大限進んだ社会の是非

今後IT技術がどんどん発達し、バーチャルリアリティとか、脳をネットワークに直接繋ぐなども起こり得そうだけど、システム依存度が上がってしまうっていう。

安倍首相の是非

安倍首相は、基本的には嘘つきで、洗脳技術に長け、人の自由・自立心を奪っていく傾向があるけど、逆を言えば世論をうまく誘導する手法としては有用で、実際に政権が安定しているよね。

東京一極集中の是非

都会ほどシステマティックで洗練されてるけど、システムの外では何もできない、もやしになっていく傾向があるんだよねぇ。。。ローマ時代でもローマ市から集めた兵士は使いものにならず、外から野蛮な兵士を集めたっていう。江戸幕府を倒したのも結局薩長だし。

ということでフラクタルでした〜。

私自身、人とあまり会わずに、家の中でカチャカチャブログを書いて、人並み以上の収入を得、好きなときに寝て、好きなときに食べるような生活をしていますが、人と会う必要が全くないし、痛みもないし。。。。自由を目指した先ではありますが、こんなのが理想的な生活とは思えないですね。かといって外へ出ていくと、人間関係の足の引っ張り合いやら何やらで煩わしいことだらけで、これまた理想的ではないと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。