ニヒリズム(虚無主義)ってなぁに?末人を乗り越え超人へ!

ニヒリズム。

漢字に直すと、虚無主義とも言われ、全てを否定してしまう考え方なのですが、

現在日本においても至る所で蔓延っています。今回はそんなニヒリズムについてまとめてみました。

ニヒリズムはありとあらゆるもの価値を否定します

例えば、走ること。

走るのは汗が出てとても気持ちよく、運動にもなり健康的です。

一見、大変有意義なことのように見えます。

しかしながら、ニヒリズムに浸透したニヒリストはこう言います。

走ることって意味あるの?

走る人は言い返します。

気持ちいいし、健康にいいし。

さらにニヒリストは言い返します。

気持ちいいことって意味あるの?健康にいいって意味あるの?

はたまた走る人は言い返します。

健康にいいと長生きできるじゃないか。

さらにさらにニヒリストは言い返します。

どうせ死ぬんだし長生きしたところで意味ないじゃん。

と、こんなぐあいでニヒリストは何もかもを否定します。

ありとあらゆるものに、等しく価値がありません。


で、このニヒリズムですが、ニヒリストが言っていること、間違ってはいないです。

死んでしまったら意味がないんだから、全部意味がない。考えとして間違いなく正しいです。

正しいのですが、ここで終わってしまったら、ただの暗い奴になります。

このニヒリズムを提唱したニーチェ的には、

th3_ 2016-03-18 19.47.46

この状況のことを末人と言います。

同時にニーチェはこの続きを言っていて、

どうせ死ぬんだからありのままに、好きなように生きればいいじゃんと

th3_ 2016-03-18 19.52.03

この状況のことを超人と言います。

意味がないんだから意味がないなりに適当に生きりゃいいってことです。

このニヒリズムと言う考え方が提唱された背景には、

ちょうどニーチェの生きた時代が科学の力が強くなり始める時代であり、それは同時にそれまで力を持っていた神の力が薄れてきた時代でもありました。

要は、それまで、神のために死ねと言われたら死ぬ時代だったのが、神って何やねんという時代に変わってきた時代でありました。信じていたものが失われる時代でありました。

現在日本でこのニヒリズムが蔓延しているのは、高度成長期、バブルに差し掛かるまでは、欧米追いつけ追い越せ、共産主義をやっつけろ、

と国から生きる価値や目標を提供されてやってきた時代だったのが、欧米に追いついてしまい、共産主義も倒れてしまい、目標がなくなった状態になってしまい、何していいかわからない、信ずるべきものがないという状況が原因となっています。

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/09/30(金) 08:34:31 ID:3cd06ce45 返信

    管理人は働いても意味ないじゃんってことで働かないんですね、わかります。
    働いたら負けですもんね!

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/02/06(月) 20:48:40 ID:41f2f94cd 返信

    基本的に暇なやつしかこんなこと考えねーよ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。