柴田勝家とかいう忠臣!ー秀吉に勝てなかった権六ー

柴田勝家
織田家筆頭家老であり、北陸方面軍司令官であった柴田勝家。本能寺の変後は秀吉に蹴散らされてしまいましたがその素性はよくわかっていないところがあります。
今回はそんな柴田勝家をまとめてみました!

3: 人間七七四年 投稿日:2009/05/18(月) 12:44:50 ID:eWyivd+B
秀吉視点で損してるけど、
十分以上に優秀な家老、軍人、人望
お市がいっしょに死んでくれるほど。
魅力があったんじゃないか。

5: 人間七七四年 投稿日:2009/05/19(火) 20:24:50 ID:l2iPHpp3
でも野心丸出しで台頭してきた家康に同盟申し込んだけどナァナァであしらわれたよね。
あの頃の秀吉同様、家康も神掛かってた時期なんだけど(利用できるものは信雄でも利用してたたけど)
同盟して秀吉に対抗できるほどの器量でもないし、たいして利用価値もないと見切られちゃったのが
権六風情の器量をあらわしてるんじゃないの。
信長の下でなら名将といっていい働きをしたけどね。でもそれだけ。

6: 人間七七四年 投稿日:2009/05/19(火) 20:57:11 ID:f6Fit6pX
つーかあの当時の家康は、織田家内部の紛争には、局外中立の立場だっただけで。
自分の新領地もまだ不安定なのに、不安定をほっておいて他所に手を広げるような
アホな真似をする家康じゃ無いよ。
勝家の器量と言うより家康の都合だわな。


7: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 01:21:58 ID:Rz43HEEt
勝家や佐々や佐久間は乱世には向いてない感じがする
真面目すぎたような逆に秀吉家康利家などはのし上がる為ならなんでもする
乱世向きの武将

8: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 05:14:06 ID:mClLHOB6
実際のところ、猛将といわれる割に華々しい戦がないし。
どっつかっつーと伊勢撤退戦のときに負傷してやられかけたとか……
有名な甕割りの逸話はもろ創作だし。

10: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 08:49:58 ID:LfSHvf8Q
>>8
んなこたない。派手な奇策や大逆転といった講談向きの話だけが「軍功」ではない。
きっちりと堅実に戦果を挙げるのも重要な軍功。
常に先陣などの重要な役割を任されて、かつ織田軍は着実に勝利を重ねたのだから、
勝家が優秀な指揮官であったという評価は間違いではない。

12: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 10:40:13 ID:obBi3uY8
>>10
たしかに勝家は有能は有能だろうけど「猛将」と言われるほどの軍事功績があるかと言われると疑問符は付く。
これは福島正則のスレでも似たようなこと書いたことあるけど、少数で多数の軍を猪突猛進で打ち破ったくらいの講談向きな「軍功」がないと「猛将」とは呼びづらい。
勝家には「甕割り」とか「かかれ柴田」などの逸話はあるけど、勝家や福島は軍功そのものよりも本人の剛毅な性格が「猛将」と呼ばれる所以なんじゃないかな。ただ福島は好きじゃないけど勝家は割りと好きなのは、福島は偉そうな事を言っておいて形としては簒奪者(家康)に擦り寄った印象があるのに対して勝家はあくまで簒奪者(秀吉)に立ち向かったイメージのせいなのかなあ?

11: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 10:15:55 ID:Vlc2uO4V
越前一国を任せられた器量は評価してくれ。

13: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 12:31:27 ID:LfSHvf8Q
まあ「猛将」は江戸時代に作られたイメージだろうね。
江戸時代は神君家康↑、相対的に秀吉↓、さらに相対的に勝家↑という構図だしね。

15: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 19:24:31 ID:FQa5rszo
勝家が簒奪者に立ち向かったって・・・各将の思惑はどうあれ、一応形式上は当時織田家の政策決定会議だった清洲会議を反故にしてるし、
信孝より織田家一門の序列が上だった信雄(更に信包)を会議でもろに蔑ろにして自分と親しい信孝を推し、
その後信孝以外の主要な織田家一門衆や織田家の家老や譜代衆、信長側近だった稲葉・細川・蒲生などと敵対。
清洲会議の決定を反故にして三法師を譲り渡さない信孝に肩入れ。
なりふりかまわず織田家と敵対勢力のはずの長宗我部や雑賀衆らと同盟。
どうみても織田家内部の派閥抗争です、ありがとうございました。勝家がその派閥抗争にもし勝っていたら秀吉同様簒奪者にならなかったという確証がどこにあるのやら。
どうみても勝家も野望を持ってあの派閥抗争に臨んでいったようにしか見えん。

17: 人間七七四年 投稿日:2009/05/20(水) 21:49:45 ID:nQdHYGLe
>>15
あくまでイメージな。それは福島も同じだけど。

18: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 00:23:35 ID:BE/5fJE8
>>15
だから勝家も秀吉同様織田家の存続よりも
自分の領地と影響力の拡大と派閥闘争にあけくれてたってだけでしょ。
それが秀吉だけ簒奪者で勝家だけ織田家の守護者みたいに言われるのはおかしいよね。

22: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 01:01:35 ID:1JP/Tgex
領国経営に加えて、北陸の一揆を平定して、上杉をあそこまで追い詰めたんだから十分華々しいだろ。
そりゃ功績でいえば秀吉より上だわな。

23: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 01:14:24 ID:kttpoHL3
鞆にいる義昭にも書状出してるくらい、権六も余裕がなかったみたい。

24: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 10:08:36 ID:FpU7JmlF
良い家臣になれても良い勢力の長にはなれなかったタイプだな。
指導してくれる人がいるうちはいいが。それがなくなるとどうしていいのかわからなくなる。
それだけ毒気がなかったってことなんだろうが。

27: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 23:52:29 ID:BQbaIi1K
>>24
軍団長って立派な勢力の長だけどな。

25: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 15:01:56 ID:yUyUgntQ
家臣の意味を知っていたのでしょう
皆が主やTOPを目指しているわけではないよ
そこに譜代武将としての潔さや美しさを感じるのです
大きな大名家には必ず存在するタイプの人ですけどね

26: 人間七七四年 投稿日:2009/05/21(木) 23:51:05 ID:dYJHGg+m
↑エライ!
天下を目指せばいいってもんでもないからな。権六は秀吉に屈することなく見事に散った。

29: 人間七七四年 投稿日:2009/05/22(金) 07:01:10 ID:I/ZOupIu
秀吉とその部下たちが凄すぎたね
秀吉は勝家の養子から盟友からどんどん切り崩していった
まさに相手が悪かった
秀吉の家臣にはプライド的になれないし
どうしようもなかったね

30: 人間七七四年 投稿日:2009/05/22(金) 09:07:13 ID:SfvTOsQo

>秀吉とその部下たちが凄すぎたねというか、秀吉とその部下たちの「運」が凄すぎたのだと思う。

やはりいち早く京都に上って明智光秀を撃破したことが大きかった。
勝家にも光秀を撃破する力は充分にあったのだろうけど、
越中から京都までの距離&上杉軍の猛抵抗があり、秀吉に比べ不利な状況だった。

あとは、今の時代もそうだと思うが、
どんなに義理堅い人物も、いつだれに裏切られるか分からないということ。
こればかりはどうしようもないし、信長もどれだけの人物に裏切られたことか。

最後まで勝家に味方した金森長近や佐久間盛政はもっと評価されるべきだね。

33: 人間七七四年 投稿日:2009/05/22(金) 11:07:42 ID:5IW2j+em
いや、運 だけではないだろ。
なりふり構わずやれるだけやった秀吉軍団に
運が味方したんだろ。
相当の行動力がなければあんなことできないだろ。
勝家には織田家で実権握るだけで天下取りなんて考えもしなかっただろう。

35: 人間七七四年 投稿日:2009/05/22(金) 13:23:52 ID:hXGU2idy
運は大きいだろ。背後は人質とった宇喜多や南条がおさえ、毛利も運よく追撃しなかったし
敵討ちの大義名分得る事ができたから多くの味方が集まったし

49: 人間七七四年 投稿日:2009/05/23(土) 16:52:06 ID:AcREJy3r
勝家と市をくっつけたのは秀吉ってマジ
これって秀吉の勝家への最大の配慮じゃね
秀吉は「勝家殿、ワシに逆らわないで従ってくれ」って思ってたぽいな

52: 人間七七四年 投稿日:2009/05/28(木) 19:45:41 ID:sE9mEJPZ
勝家も若い頃信長の弟から信長に鞍替えしてるからな
前田達の秀吉への鞍替えも戦国のならわしとして納得済み
勝家みたいな武将は前田達を囲えなかった自分の不徳を責めるタイプ

53: 人間七七四年 投稿日:2009/05/28(木) 21:43:03 ID:BQJIVy7R
責めるタイプもなにも府中城で詫びてんじゃん。
前田方が盛政のせいだとか、「秀吉軍を食い止めるから落ち延びよ」とか前田家譜で
ほざいてんのは見苦しいけど。

56: 人間七七四年 投稿日:2009/05/29(金) 21:46:02 ID:2OHD7zDR
最高指揮権もって敗戦という意味じゃ賎ヶ岳くらいだろ
稲生やら伊勢長島攻めやらは負け戦に参加してるだけだし
手取川の責任を全部柴田に押し付けるのは無理がある。

58: 人間七七四年 投稿日:2009/05/30(土) 05:37:07 ID:QH205xJv
なんか時代が秀吉に味方したように思えて仕方ない
古いタイプの武将の勝家より、新しいうねりを起こせる秀吉に時代が味方した
そんな気がしてならない。

63: 人間七七四年 投稿日:2009/06/03(水) 05:44:22 ID:k65z5C0U
どうも清洲会議では対立なんか無く、三法師擁立して織田家を支える事ですんなり決まったらしいな。

107: 人間七七四年 投稿日:2009/10/27(火) 06:54:54 ID:TrRRHZVz
一度信長に逆らったにも関わらず許されて重用されてんだから有能な人物であった事は確かだな。

114: 人間七七四年 投稿日:2009/10/27(火) 15:07:37 ID:d2UpbAgI
秀吉は馬鹿丸出しで命落としそうな事色々やってるよ
しかも一人で功を上げずに譜代家臣とタッグ組んで結果を残している
これが一番印象いいからね
手取川も迷惑したと書かれているが揉めたのかまでわからない
むしろ譜代や古参同士のほうが激しく喧嘩しまくっているのが現実
信長存命中に秀吉と揉めた武将って荒木くらいじゃね?

117: 人間七七四年 投稿日:2009/10/27(火) 22:09:37 ID:DGfC21fp
むしろ勝家より戦争屋だよなあ、猿

126: 人間七七四年 投稿日:2009/12/05(土) 12:35:20 ID:cWji67Z9
柴田では天下は収まらんわい

127: 人間七七四年 投稿日:2009/12/05(土) 13:27:07 ID:C7k+0arR
>>126
秀忠、家光よりは資質はあるだろう

148: 人間七七四年 投稿日:2010/02/14(日) 22:40:43 ID:LDHf2jQd
>>126
秀吉でも天下は治まらなかったけどなwwwww
死んだ途端、これ幸いと瓦解する程度の政権

171: 人間七七四年 投稿日:2010/04/15(木) 10:56:44 ID:JkgMOm4V
政治力では秀吉>>>>>>勝家

195: 人間七七四年 投稿日:2010/05/30(日) 22:10:25 ID:LRJQPghx
勝家は外交戦略で秀吉にメタメタにやられたのを見ると滝川タイプに近い
信長がいて活きるタイプ、自分で仕切るのは苦手とは言わんが向いてない感じ。

196: 人間七七四年 投稿日:2010/05/31(月) 02:07:33 ID:1/0AEPPE
名プレーヤーが名監督になるとは限らないって事だね

242: 人間七七四年 投稿日:2010/11/14(日) 10:57:52 ID:Iqd6/PnY
前田は勝家とは仲良いけど、佐久間とは仲悪いからな
勝家もここは心配していただろう信長がいれば前田も佐久間を助けただろうが、もはや信長はおらず
ある意味、前田の気持ち次第だからな
前田が佐久間より、娘を養子に出していた秀吉を選ぶのは当然ありうることだし
勝家もこういうことを踏まえて
出来れば秀吉との一戦は回避して和睦で終わりたいと考えていても不思議じゃないよね

274: 人間七七四年 投稿日:2011/09/11(日) 18:07:08.14 ID:K4B5ZhFL
最近ずっと織田家臣団のこと調べてたんだけど、
結局、信長の死後、勝家に味方した有力人物って、市、織田信孝、滝川一益、金森長近、佐々成政、
不破光治、前田利家、佐久間盛政だけなのね?

284: 人間七七四年 投稿日:2011/09/19(月) 14:30:11.93 ID:xdSYq6pW
>>274
東美濃勢の大半は柴田方といえる気がする。逆に織田家臣で秀吉方についたのは、
織田信雄、丹羽長秀、池田恒興、筒井順慶、細川幽斎、
中川清秀、森長可、毛利長秀、蒲生氏郷、堀秀政、長谷川秀一、、

279: 人間七七四年 投稿日:2011/09/16(金) 19:03:10.82 ID:IWUtBn6e
人間てのはその大多数が義理や人情でなく、利害で動くんだなあああ;;

282: 人間七七四年 投稿日:2011/09/17(土) 00:41:17.48 ID:zdZTsT61
だが利害のためには義理・人情も考慮しなければならないというのも、また事実

283: 人間七七四年 投稿日:2011/09/18(日) 17:46:33.09 ID:yLI8rgU/
しかし自分の裏切りをごまかすために、賤ヶ岳の後勝家が自分の城に寄って「お前は秀吉につけ!」
って言ってくれたんだよ!なんて嘘八百をぬけぬけと捏造した前田利家だけは許せない。
裏切るなら堂々と裏切れ。

287: 人間七七四年 投稿日:2011/09/30(金) 01:46:19.38 ID:wbrOzqdB
>>283
前田は勝家にも秀吉にも子供を預けてるから無茶はできんだろ
どちらとも戦わずに撤退するという策しか実際にはなかっただろ
勝家側からの出陣要請を断ったら内通を疑われて先に潰される可能性があるし

307: 人間七七四年 投稿日:2011/12/08(木) 16:06:15.14 ID:HvW15+tH
>>287
まあな
前田が秀吉軍相手に奮闘→秀吉に出してる娘が危なくなる
前田が裏切って勝家軍を攻撃、もしくは前田が最初から出陣拒否→勝家の城にいる娘が危なくなる
だからな、戦に出てからの撤退が一番の方策だろうね

285: 人間七七四年 投稿日:2011/09/28(水) 20:16:30.21 ID:1wzvWnwK
秀吉方についたのが裏目に出た武将も多いね。・織田信雄→家康と組み小牧・長久手の戦いを起こす。
小田原攻めのあと、改易。
・丹羽長秀→織田氏をないがしろにする秀吉を憂ううちに、病死。
しかも子の代では領地削減。
・池田恒興→長久手で戦死。
・筒井順慶→立て続けに出陣を強要され、小牧・長久手の頃に若くして病死。
・中川清秀→賤ヶ岳で戦死。
・森長可→長久手で戦死。
・蒲生氏郷→会津に転封、若くして病死。
・堀秀政→小田原攻めのとき、若くして病死。あれ?高山右近が忘れられている。
高山も、伴天連追放令で不適合扱いに…。
ちなみに高山は賤ヶ岳のとき、柴田と戦う気なかったっぽいね。

289: 人間七七四年 投稿日:2011/10/07(金) 23:36:45.78 ID:77FMjIyV
>>285
賤ヶ岳での右近はかなり消極的だね。
中川清秀との意見の相違だとか、父親が勝家の世話になったせいもあるかもしれないけど、
戦況によっては寝返り、それでなくても不戦に近い立場。寝返り予備軍みたいなのは多かったんだろうな。
だから勝家も盛政の強攻策に乗らなかった。
結局主な武将は全く寝返らなかったけど。

290: 人間七七四年 投稿日:2011/10/09(日) 10:56:58.98 ID:NmgcGuBm
>>289
高山右近のほか、細川藤孝、筒井順慶、蒲生氏郷あたりが、
隙あらば勝家側に寝返ろうと考えていたかも。
たまたま領国が近畿周辺にあったから、秀吉の傘下にいただけで。

305: 人間七七四年 投稿日:2011/11/19(土) 07:41:01.23 ID:Tf7ezvQe
丹羽は親子で参戦してる。
大義名分がなければ、柴田と羽柴の陣営比べて、石高の多い方につくでしょ。そもそも柴田陣営は北陸、岐阜、伊勢等東側に固まってるから、
柴田側につくと明言したら真っ先に孤立する。

311: 人間七七四年 投稿日:2011/12/09(金) 23:57:39.11 ID:ulUDAjgF
いや人質見捨てないのは殊勝な理由でもなんでもなく、利益目的だろ
血縁を簡単に見捨てるような奴なら、血の繋がってない俺らなんて…と兵士どもに思われちゃ商売あがったりだからな

327: 人間七七四年 投稿日:2012/01/01(日) 11:19:33.10 ID:xx8hWreZ
柴田勝家は前田利家に裏切られたのが痛い
利家が信長公のお気に入りの茶坊主を斬り殺したとき、勝家が止めなかったら
その場で手討ちになってた その後浪人中も世話をし、再就職を支援した
北陸軍司令官になったときは利家、成政らは目付け、監察官のような
存在だったようだが、利家は勝家を親父殿とよんでずいぶんなついてた
そんな男の寝返りを許すようでは甘いし、どこかカリスマが足りなかったのかも
知れない

334: 人間七七四年 投稿日:2012/01/02(月) 00:41:30.90 ID:F2aJmagJ
勝家は頼りないんだよ
この人についていってもダメだと思われたらおしまい

349: 人間七七四年 投稿日:2012/01/05(木) 10:42:32.28 ID:YR+Fcrp3
人望でも実力でも秀吉に大きく劣っていた
秀吉の軒先で馬を繋ぐ決断ができなかった時点で勝家は死ぬ運命だった

351: 人間七七四年 投稿日:2012/01/05(木) 11:20:08.52 ID:7zK7Rbr+
人望、好感度自体はどうだったからわからんけど、四方八方に敵を抱え、カリスマの塊の
信長公が死ぬという緊急事態で織田家臣はみんな誰がリーダーなら、誰についていけば
生き残れるかって考えたんだろうな そうなると多少秀吉のことが嫌いなやつでも
生き残るのは秀吉だろうって思ったんじゃないだろうか

355: 人間七七四年 投稿日:2012/01/05(木) 12:27:26.62 ID:MZf26P/t
単純に思うことは、勝家と秀吉がなんで戦ったのかということ、戦う必要ってある?
勝家ファンは織田家を守るために戦ったと言うけど、織田の重臣のほとんどは秀吉についてるし
なんかそれは無理があるよね
やっぱり勝家に天下取りの意志があって
それで同じく天下をねらってた秀吉と争うことになったと見るのが自然だよね

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/sengoku/1242585466/ 【権六】柴田勝家 その2

あの戦国時代、勝家が秀吉を倒して主導権握っていても戦国時代が終わったか疑問であるし、秀吉に降っていても、丹羽長秀のように死後潰されたような気がするし、どの道選んでもうまくいかなかった悲劇の武将のような気がしますな。

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/19(日) 13:41:42 ID:3009e4c43 返信

    毛利といえば
    ブスの代名詞

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。