長州藩が石高がイカサマすぎる件www 江戸時代石高ランキングトップ10!

th3_choshu_domain_map

今回は、江戸時代の石高をランキングしてみました。

石高が多くて有名なのは、やはり加賀100万石ではないかと思います。福岡の黒田氏、仙台の伊達氏などなど、だいたい石高の大きい大大名が住んでいた都市では今でも有名な都市であります。

そんなこんな大名の力を示す華やかな石高でありますが、表面石高と実際の石高は大きくズレがあり、表面石高が大きいと参覲交代やら何やら負担を多く要求されるので、幕府に対しては過少に報告する傾向がありました。今回はそんな、石高と実高の違いを見ていきたいと思います!

参考資料

表高と実高がずれる要因

太閤検地時点で発展途上エリア

太閤検地が行われた時点での石高が表高のベースになっているので、まだ発展途上だったエリアは、その後に生産力が伸びた場合。

重税を行ったエリア

実高は藩主が農民に対し徴収する税金額の基準となったので、年貢をより多く取り立てるため、実高が多くなるように記帳した。


tyokkaturyou_image5

10位 土佐藩 表高20万 実高49万石

10位に入ったのは薩長土肥の土に当たる、土佐藩です。今の高知県です。坂本龍馬出身です。表高は20万石なのに対し、実高は49万となんと2.5倍もイカサマしてます。表高ベースのランキングだと20位にも入らないんですが、とんでもないチート力によって10位に入ってます。

9位 広島藩 表高42万石 実高49万石
土佐藩とほぼ並んで9位になったのは広島藩です。毛利家が関ヶ原の戦いで減封され、削られた部分の領土ですね!表高は42万石なのに実高は49万と、あまりズルしていないようです。元々は毛利元就の住んでいたエリアなのであまり伸び代がなかったってことなんじゃないかと思いますね!

8位 紀伊藩 表高48万石 実高 50万石
続いて8位に輝いたのは徳川御三家紀伊藩。和歌山県ですね。機内なので太閤検地の段階ですでに発展しており、江戸時代にあまり石高が伸びなかったことを意味しているんじゃないかと思います!

7位 福岡藩 表高47万石 実高52万石
続いて7位は、ちょっと前大河ドラマで出てきた黒田官兵衛の系譜からなる、黒田家ですね!ちょろまかしているのは5万石だけということで、軍師の子孫はあまりズルしなかったようですな!

6位 熊本藩 表高51万石 実高68万石

6位は、室町時代より続く名門細川家の熊本藩ですね!ちょっと前総理大臣になった細川護煕も熊本藩の系譜です!石高は多いが、何度も借金を踏み倒していたようです。石高は3分の1ほど増えているのがわかります!

5位 長州藩 表高36万石 実高73万石

ついに来ました長州藩。もともと120万石あった毛利の領土が関ヶ原の戦いで36万石まで減封され、大変なことになっていたようですが、元々の実高は54万石ぐらいあったようです。敗軍のボスである毛利家が54万石だと西軍に対して示しがつかないということで幕府とのやり取りの間で表高36万石に落ち着いたそうな。

実際にはそれからも、実高を伸ばしており73万石と非常に伸びております。それだけでなく、実高99万石ぐらいあったという話もあります。チートです。他にも分家支藩などもあるので、幕府と戦えたのもわかる話です。


4位 薩摩藩 表高72万石 実高75万石

長州に続いて薩摩藩。表高ベースでは徳川家を倒した薩長といえど大きな差が出ていますが、実高ベースだとほとんど変わりませんな。表高と実高の差がほとんどありません。薩摩は、火山灰溢れる稲作不能エリアが多かったので、面積の割に不毛であり、太閤検地時点での表高がすでに水増しされたものであったとか。


3位 尾張藩 表高55万石 実高81万石

御三家筆頭尾張藩ですな!尾張といえば信長の出身地なので、太閤検地の時点で発展し終え、あまり伸びる要素がなさそうに見えますが、1.5倍と非常に伸びているようです。


2位 仙台藩 表高62万石 実高99万石

伊達政宗の仙台藩。表高2位にして、実高99万石となかなかの伸び具合です。仙台、東北エリアは後進エリアだったので伸びる要素があったようです。


1位 加賀藩 表高103万石 実高134万石

ナンバーワンはもちろん加賀100万石。表高はもとより高いですが、実高も3割とかなり伸ばしているようですな。100万石の伸びとしては3割と他より少ないですが、元が大きいので3割でも30万石となかなかの伸びのようです。

番外 徳川本家 表高700万石 実高724万石

番外編。徳川本家です。覇王です。700万石。数字だけ見れば薩長土肥合わせても250万石に満たないので、薩長土肥が勝てる要素がなさそうですが、それでも勝ってしまうのだからすごいですな。

ということで石高の表高実高でした!!明治維新を成し遂げた薩長土肥の長州と土佐藩の表高と実高のズレが際立っており、さすがといったところですな!!

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/07/31(日) 13:43:19 ID:a28d07220 返信

    この記事の主は薩長土肥の出身か?
    尚且つ部落民なのだろう
    嘆かわしい

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/08/26(金) 04:33:51 ID:103930e33 返信

    殆ど間違っています。どの資料を参考にしたのか…。説明の文章も稚拙で、憶測で物事を言い過ぎです。

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/04/02(日) 14:43:46 ID:bc8a55c48 返信

    長州が幕末に裕福だったのは、実石高が高かったというよりは、
    財政改革に成功したのと、下関港の収入があったのと、密貿易のおかげだったと思われます。

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/04/05(水) 13:02:52 ID:1b7ecf732 返信

    「違いを見ていく」と言って置きながら、単なる実高ランキング。
    違いと言うなら比率でランキングしたら?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。