意外と知らないバブル崩壊の原因!経済はなぜ破綻するのか!恐慌を解決する4つの方法!

意外と知らない経済の仕組みの続編です!

バブルが崩壊すると、所得が減り、クレジットが消滅し、資産価格が急落し、株式市場はクラッシュし、所得が減り債務返済が増えると、借り手は締め出され、クレジットは底をつき、資産を売り払うことになるが、売りに出される資産で溢れるため、資産価値も下がり、担保価値も下がり、借りることがさらに難しくなる。とデフレスパイラルとなり、平常時なら問題のない中央銀行の利下げの効果が効かず、対処が大変というところからでした!

解決するにはどうしたら良いのか??

類似記事
銀行の仕組み
信用創造の仕組み

参考動画



耐えきれない債務縮小を解決する4つの方法
th3_ 2016-04-06 13.20.33

1.人、ビジネス、政府が支出を縮小する。

2.債務不履行とし、再編し直す。

3.資産を富裕層からそれ以外に再分配する。

4.中央銀行が新しい紙幣を印刷する。

th3_ 2016-04-06 13.24.10

まず、人、ビジネス、政府が財布の紐を締め、支出を縮小し、債務を返済しようとします。これを緊縮策と言います。

一見、借りることをやめ、古い債務の返済を始めると、債務負担率が減ると考えられるのですが、実際は増える結果を招きます。

支出が減ると、他の人の所得が減り、所得は債務返済より早い速度で縮小し、そうすると債務負担率が悪化します。雇用が減り失業が増え、借り手が借金を返すことができなくなり、さらに債務を減らす必要が発生します。

th3_ 2016-04-06 13.34.14

借り手の債務は、貸し手の資産なので、借り手が債務を返済できないと、人は銀行に預けた資産が心配になり、殺到して引き出そうとします。その場合、銀行の経営が難しくなり、人やビジネスは債務の返済が不可能となり、経済恐慌となります。

th3_ 2016-04-06 13.40.04

貸し手は、資産の消滅を避けるために、資産の再編を行います。返済額を減らしたり、返済期間を延長したり、利子を引き下げたりすることになりますが、資産が消滅してしまうよりはまだいいので、妥協策としてこれを認めます。

しかし結局は債務負担率が悪化することには変わりません。

th3_ 2016-04-06 13.47.15

また、所得が減り、雇用も減るので、中央政府の税収が悪化します。

そして、失業者の手当などの出費が増え、経済を活性化するためにお金をばら撒く必要が出費が増え、政府の債務負担が大幅に増加することとなり、収入が減るのに出費が増えると大変な状況になります。

こうなった場合、お金を集めてくる場所は、

th3_ 2016-04-06 13.49.18

富裕層以外にありません。富裕層から貧困層に分配することで、富の再分配が起きるのですが、

th3_ 2016-04-06 13.51.08

貧困層は富裕層を毛嫌いするようになり、富裕層は経済の弱体化、資産価値の下落、税金の増大から貧困層を嫌うようになります。

th3_ 2016-04-06 13.52.36

恐慌が続くと、社会不安が生まれ、国内だけでなく、債権国と債務国との関係も悪化します。

th3_ 2016-04-06 13.54.55

この状況が続くと、政変が起こったり、戦争になったり大変なことになってしまうのでなんとかして解決しなければなりません。

とにかくお金が必要なので、

th3_ 2016-04-06 14.03.20

中央銀行が、お金を印刷して対応することになります。

新たに印刷したお金で、資産を買い、政府債券を買い、お金を市場に流通させ返済できるようにします。ただしこの方法はやりすぎると、インフレを招き物価が上がってしまうので気をつけなければなりません。

こうして得た資金を元に、中央政府は、物品やサービスを買ったり、失業保険を支払ったりしてお金を人々に配ります。

th3_ 2016-04-06 14.09.00

結果、債務の利子よりも早く所得が増えるようになれば、恐慌脱出したと言える状況になります。

th3_ 2016-04-06 14.09.27

しかしながら、印刷するのは簡単なので、国民も印刷を希望する場合が多いです。

ドイツのようなハイパーインフレを引き起こさないことが肝要になります。(ドイツの場合は数年で1兆倍にインフレしたとか)

th3_ 2016-04-06 14.12.05

このような財政策を行い、債務負担が減少し、経済負担が正常に戻るまで7−10年と言われ、失われた10年といいます。(日本の場合これが20年以上続いていますが・・・)

まとめ(3つの重要なルール)

所得より早く債務を増えさせない。そうしないと債務負担が耐えきれなくなる。

所得を生産性より早く増えさせない。そうしないと競争力が弱まる。

生産性を向上させる努力を惜しんではいけない。長期的には最も確実で安定。

ということで恐慌解決法でした。日本は1990年代からずっと不況不況と言われており、私自身生まれた時からずっと日本ダメだーと聞かされてきており、まるで改善していないのですが、結局動画にあるような10年で解決しない原因としては、生産性を常に向上させているので、一人当たりの生産性は上がっているが、労働人口が減っているためトータルの生産力が上がらず、景気改善がしないという状況になっているんじゃないかなーって思いました。

あとは金利。結局、緊縮財政を止められないのは、利子を0%以下にすることが難しいことからきているので、世の中のお金を全て電子マネーにしてしまえば、銀行からタンス預金に移行する心配もないので、景気が良くなるまでマイナス金利にできるのでガンガンお金を使うことができるようになるってところでしょうか。未来的には行われるんじゃないかと思いますが、まだ時間はかかりそうですな。

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/08/13(土) 08:46:40 ID:4a7483630 返信

    投資の話しとかしたかったのですが、更新なくなって残念です。忙しいトレーナーの宿命でしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。