般若心経・最強の262文字。世の中全て空である!

th3_ 2016-03-20 13.10.32
宗教というのは、伝承されるにつれ、劣化が進みますが、その中でも最も劣化が少ないと言われる、元の形に近い状態で保持されていると言われる仏教、その中の、般若心経に迫っていきたいと思います!

仏教
釈迦が2500年前に開祖。自らが仏陀になるための教え。
般若心経(はんにゃしんぎょう)
本名は般若波羅蜜多心経。日本で1500年前から唱えられる。元々はインド語で書かれていたものを日本で翻訳したもの。262文字で、この世のありとあらゆる悩みが解決するパワーが詰まっている
”般若”
智慧(ちえ)という意味で物事を正しくとらえる力を指す。
参考動画1


参考動画2


似たようなものに大般若波羅蜜多経がある。
th3_ 2016-03-20 13.22.26

大般若波羅蜜多経は600巻という膨大な量だが、般若心経はたったの262文字でほぼ同じ内容を書いている。つまり、般若心経すげええええ。

般若心経の始め
th3_ 2016-03-20 14.43.23
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄。
私、観自在菩薩は、人間を作っている五蘊という五つの集まりが、全て空だと悟り、あらゆる苦難から逃れたのです。

から始まる。

般若心経では、
五蘊(この世を形作っているありとあらゆる要素)は全て空(実体がない)であると言っている。

空(くう)
移ろいゆく世界を司る法則
th3_ 2016-03-20 13.33.57
あなたは幾つかの要素の集まりであり、実体はない。


玉ねぎは、皮を剥き続けたら、そのままなくなってしまう。
th3_ 2016-03-20 13.37.08
西洋哲学では、「我思う故に我あり」と自我があるものとして定義されるが、仏教においては「我」はない。

五蘊(ごうん)
仏教が提示している世界を形作る5つの要素
th3_ 2016-03-20 13.39.14
物質を意味する”色”と、精神を意味する”受想行識”に分けられる。
色・・・肉体など、物質のこと
受・・・外からの情報(刺激)に対してどう受け取るか。
想・・・受け取った情報に対して、こちらから積極的に作り上げ、考えること。
行・・・私は何かをするぞという意思作用
識・・・外から入ってきた情報をそのまま映し出す働き。
で構成される。

般若心経ではこの五蘊を”空”(実体がない)と言っている。世の全ては五蘊以外のものはないので、実質世の全てのものは空と言っている。


我々は本を本と表現できるが、

th3_ 2016-03-20 13.46.59
猫にとっては、本ではない。
th3_ 2016-03-20 13.48.41
猫にとっては赤い色と、白い色と金色の集まりとなる。

つまり、認識するものによって人から見れば本だが、猫から見れば本ではない。
th3_ 2016-03-20 13.50.10
あなたの心が勝手に本と決めているに過ぎず、本という実体はない。

また同じ人間の認識でも、夜の闇の中では、ただの物体になってしまう。
すなわち、ものには見るものによって解釈が変わっている、実体がない。
あなたの体も、心の働きも全て空である。
th3_ 2016-03-20 13.54.43
我々は勝手に決めつけ、決めつけた中の関係性で世界を見ているが、
th3_ 2016-03-20 13.54.14
それに囚われた生活をしていると、他人が決めつけたことに操られて間違った行動をとる

空を理解すると、ものの見え方を180度転換できる。今までにない生き方をすることができるようになる

色即是空(しきそくぜくう)
th3_ 2016-03-20 13.59.49
この世の全てが空である(実体がない)と言っている。大きな宇宙観。
th3_ 2016-03-20 14.06.07
古代インドの仏教徒が、移ろいゆく世界の法則を空と名付けた。


全ての現象の奥にある一つの法則で眺めるという観点から、法則性の全てを集約していった。
法則性の究極の形が科学。相対性理論であったり、量子力学であったり。

th3_ 2016-03-20 14.09.49
空は全ての現象を統括する一つの法則であり、我々は感じることができるが、言葉に表せないし、人に伝えることもできない。

空即是色(くうそくぜしき)
th3_ 2016-03-20 14.15.37
色即是空の反対。
この世の物質は全ては空だが、存在するもの全ては個性を持っている。
全ては移ろいゆくから美しいとも取れる。


移ろいゆく世界に心を奪われて、写真を撮りたくなる
連続したものを切り取って表現したい・・・芸術
世界を司っている法則を切り取って世に出したい・・・物理学・科学

人が作ったり創造したりする背景には、この空を切り取って自分の手の中で治めたいという心の表れ。
人間の文化もその空即是色そのものである。
th3_ 2016-03-20 14.26.27
なぜ我々はここにいるのかという意義を見出す時に、空はポジティブなエネルギーを我々に与えてくれる。

th3_ 2016-03-20 14.28.14
舎利子・・・人の名前(釈迦の一番弟子)
色不異空 空不異色・・・物質は全て空と同じ
色即是空 空即是色・・・物質は全て空
受想行識 亦復如是・・・精神(心)は全て空

苦しんでいる心がある、その苦しみは空なので、永遠の苦しみではありませんよ、となるので、苦しんでいる人には効き目のある薬になる。

ということで、般若心経の空とは何かでした!
2500年前のような物質がまるでない時代に世の全てを統括してしまっているものができているってほんとすごいと思います。
この空の観点から見ると途中でもありましたが、
科学、物理学は空の法則の表現を目指しているといえますし、芸術はその場にある空を表現しようとしています。文化も空の表現の積み重ねであるし、
また、キリスト教だとか、イスラム教だとか、宗教の違いは、空をどの角度から見るかの解釈の違いでしかありません。
何でもかんでも折りたたんでしまえる空、恐るべしですな!!
この仏教の考え方が世界の主流であれば、宗教戦争なんてまず起こらないはずなんですよね!!こういうところはほんと仏教優れてますね!!
空の続き無へ続く!!

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/03/21(月) 22:16:34 ID:7c3ae4cd0 返信

    般若心経の空とは何かでした!じゃねーよお前の言葉で何も説明してねえじゃねーか
    拡散されたら恥かくぞお前

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です