ニーチェの本当に伝えたかった永劫回帰 超人とは完全な引きこもりである

ニーチェの本当に言いたかった事、永劫回帰。
永劫回帰とは
th3_ 2016-03-19 16.15.21
何度も何度も同じ人生をなんども永遠に繰り返すという意味で、全く同じ人生を繰り返してもいいような生き方をしようという考え方。

ニーチェのいう超人になる方法からの続きになります。


th3_ 2016-03-19 16.22.25

自分の人生が最悪であったとしても、それを受け入れて、肯定することで超人に近づいてゆく。
全てに意味を感じなくする、ニヒリズムを克服し、永劫回帰を受け入れる。

最悪の出来事を含めて、人生の全てを肯定すると、超人になることができる。

同じ事をなんども永遠に繰り返すってありえないんじゃ??
th3_ 2016-03-19 16.30.52
エネルギー保存則の元で万物が運動すると、永遠に時間が経てばまた元と同じ状態がやってくる。

宇宙がなんども亡んだり復活しながら、ある時には太陽ができ、地球が生まれ、人間が生まれ、同じように話している。それがなん兆年先かそれ以上先かはわからないが、時間が無限大であれば、全く同じ状況が生まれる。

th3_ 2016-03-19 16.33.58

永劫回帰は、人生を肯定するために作ったファンタジーであるが、

th3_ 2016-03-19 16.36.17

良い事も悪い事も全て含めて人生を全て肯定せよという。

だって同じことがまた起きるのに、苦しんでばかりじゃしんどいでしょ?と。全部肯定してしまって楽になりましょうよと。

苦しみを仕方なく受け入れるというのはまだまだ甘い、その苦しみを欲さなければならない。

悪い事があっても、それが良かったと言い切れなければならない。

th3_ 2016-03-19 16.38.35

このように全部受け入れ、全肯定する事を、

th3_ 2016-03-19 16.39.54

運命愛いう。

障害を持って生まれたけれど、そのおかげで同じ障害を持った仲間ができたり、他のボランティアたちとの出会いが生まれた。

と一見最悪に見える障害も、肯定することで明るくなる。

th3_ 2016-03-19 16.43.19

この運命愛の態度を持てると、全てを肯定し、楽しくなる。人生を何度でも繰り返そうという気になる。すなわち永劫回帰を受け入れる事になる。

究極のポジティブ思想。

深夜の鐘の歌

th3_ 2016-03-19 16.46.17

一つ! おお人間よ! しかと聞け!

二つ! 深い真夜中は何を語るか!

三つ! 「私は眠った、私は眠ったーーー

四つ! 深井夢から、いま目が覚めた。ーーー

五つ! 世界は深い。

六つ! 昼が考えたよりも深い。

七つ! 世界の苦しみは深いーーー

八つ! よろこびーーーそれは心の底からの苦悩よりも一層深い。

九つ! 苦しみは言う、「終わってくれ!」と

十! しかし、すべての悦びは永遠を欲するーーー

十一! ーーー深い、深い永遠を欲する!」

十二!

要約すると、

苦しみは深いが、よろこびはもっと深い、苦しみは終わってくれというが、悦びは永遠を欲する。

ざっくり言うと、

苦しむのは辛くて早く死にたいと思ったりするが、悦びはそれ以上のものであり、永遠を求める。

さらに、

たった一度でもいい事があったら、他の嫌な事をすべて引き連れて肯定できる。→永劫回帰

「ねぇ、君にもいい事あったでしょ。素晴らしい事あったでしょ。だったらぐうたれてないで悦び汲み取って生きようじゃないか」

th3_ 2016-03-19 17.02.13

よろこびを求めて生きよう

現代人が超人になるには

ある学者の言う超人・・・究極の引きこもり、完全に引きこもっている状態で、自分自身を完全肯定できる人

th3_ 2016-03-19 17.21.24

他者承認なしに、自分を肯定する

他者比較を繰り返すと、末人的になる

th3_ 2016-03-19 17.23.55

自分の欲望をあきらめない事

世間体を気にする前に自分のワクワクする事を考える

以上ニーチェでした!超人になるのはなかなか難しいと思いますし、完全な超人なんているのかというお話ですが、実際すごい人ってパワーが違いますからね!

しかし、超人の最終形態が最強の引きこもりというのは笑ったなぁ@@

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。